パリのレストランのおすすめ!オペラ座近くの10店に実際に行ってみた

スポンサーリンク

パリの中でも、とりわけ「オペラ座」周辺にはレストランが沢山あります。

オペラ座はパリのど真ん中にある有名なオペラハウスで、近くには日本人街もあります。さらに、有名デパートの「ギャラリーラファイエット」や「プランタン」、ルーブル美術館も近く、観光客も買物客も多いところです。

旅行で来られた日本人の方には、このオペラ座周辺で美味しい食事ができるところを探してらっしゃる人も多いと思います。

そんな方に向け、有名シェフの料理が安く食べられるお店や、カウンター形式でいい素材が食べられるお店などをお伝えします。全て実際に私が行って美味しいと思ったところです。

また、星付きレストランではディナーの値段が高いですが、ランチなら低額で食べられますよ。
それぞれの特徴やおすすめ料理を書いていきますので、お好みのところをチョイスしてください。(^^♪

スポンサーリンク

パリのおすすめレストランオペラ座付近

まずは美術館で一番大きなルーブル美術館の隣にあります一つ星のレストラン!アンヌ・ソフィー・ピックさんのレストランです。

アンヌ・ソフィー・ピック(星付きレストランシェフのパリ店)

アンヌ・ソフィー・ピックさんは国際的な女性シェフです。食の町リヨン市近郊のヴァランスというところで、家族代々の伝統ある三ツ星レストランを経営しています。

そしてこのパリのレストランも一つ星を獲得しました!

店内は、明るく女性らしい繊細さを表した内装で、店員さんのサービスも行き届いています。

この日は、前菜の前の【アミューズ・ブーシュ】は野菜のクリームソースでした。(^^♪

【野菜のクリームソース】

前菜には、ジャガイモのピュレのエスカルゴ添えです。ニョッキの形もこんな盛り付けができるのかと感動です(^^♪

【ジャガイモのピュレのエスカルゴ添え】

メインは魚の赤ワインのバターソースです(^^♪

【ヒメジのソテー 赤ワインのソースかけ】

デザートには(^^♪

【ルーバルブのエストラゴンのシャーベット添え】

コースにはさらに、デザートの後に【ミニャルディーズ】が付きます。この日はマカロンでした。

レストラン

●名前 : La Dame de Pic (一つ星)
住所 :20,  rue du Louvre

75001 Paris, France

電話 :01 42 60 40 40

アラカルトの他に、平日のお昼のコースが59ユーロからあります。(^^♪ コースメニューは、前菜とメインとデザートそれぞれ1品のみのチョイスです。

グランワインが12ユーロ~。

メール : contact@ladamedepic.fr
サイト : ラ・ダム・ドゥ・ピック

最寄り駅 : メトロ : Louvre Rivoli 駅 (1号線)

定休日と営業時間:  お昼12時30分~14時、夜19時30分~22時 月と火曜日のお昼が休みです。

オペラ座から歩いてすぐ隣に、プランタンデパートがあります。2017年にできた、グルメ街があります。

その名も【Printemps du goût 味のプランタンデパート 】です(^^♪

このグルメ街には有名シェフのレストランが入っています。

プランタンのグルメ街7階と8階

ティエリー・マルクス(7階)

ティエリー・マルクスさんといえば、「お箸」の使い方がとても上手い有名な二つ星シェフですね。

それもそのはず、マンダラン・オリエンタル・パリ(Mandarin Oriental Paris)のホテルの料理長で、合気道や柔道にも通じている方です。すでに、ミシュランの星も獲得していますし、マルクスさんご自身の、パン屋さんやレストランも経営されています。

また、マルクスさんは今後の食糧事情を考えて、将来の地球でものを消費しないコンセプトで、料理を作っています。いわゆる社会派シェフですね(^^♪

ジャムにしても、デザートにしても、素材がもっている力を使って、砂糖を極力少なく使う料理を展開しています。

化学学者との共同で、学校で授業も行っています。

そんな社会派のマルクスさんだからこそ、ペリゴールのフォアグラの生産家【ドゥベルネさん(Maison Dubernet)】とタイアップしたのが、こちらの7階のレストランです。

【Printemps du goût 味のプランタンデパート 】はコストを抑えた、簡易なつくりにして、いい素材のものを安くだしています。

食事は、メニューになっているものから選ぶか、陳列ケースから好きなものを選びます。

注文したものは、席に運んでくれます。

前菜には、トマトのサラダ。

【トマトとイチゴのサラダ】

メインには、クレソンのリゾット。

【クレソンのリゾット】

 レストラン

●名前 : Maison Dubernet et Thierry Marx

「Homme 男性館のグルメ街」
Printemps du Goût – 7ème étage du Printemps de l’homme
64 boulevard Haussmann
75009 Paris

●アラカルトで前菜とメインが9ユーロ~13ユーロくらいで、お皿が小さめです。デザートが6ユーロくらいです。

ワイン1本で16ユーロとかなりお安めです。

サイト : プランタンデパート グルメ街 ティエリー・マルクスとメゾンデゥベルネ

メゾンデゥベルネ

最寄り駅 : メトロ : Havre caumartin 駅 (9号線)

定休日と営業時間: 毎日9時半から19時半まで(木曜日は20時45分まで)。日曜はブランチが11時からあります。

8階には、4人の有名シェフのレストランがあります。まずは、パティシエのクリストフ・ミシャラクさん、お肉のアクラメさん、パンのシェリエさん、チーズのデゥボアさんです。

スポンサーリンク

クリストフ・ミシャラク(8階)

クリストフ・ミシャラクさんは、パリのマレ地区他にご自分のブランド【M】のパティスリー店を出し、今年には東京の表参道に日本の1号店も出店となっています。

店内は明るく、窓越しにテーブルがあり、選んだケーキをその場で食べられます。

陳列ケースには20種類くらいのケーキがあります。

クリストフ・ミシャラクさんの次は、アクラメさんです。

アクラメ(8階)

アクラメさんは、パリの16区に二つ星のレストランをもつ有名シェフです。

こちらのグルメ街では、肉と魚をメインにレストランを出しています。冷蔵庫にお肉が陳列されています。

アクラメさんのレストランは、外のテラスもあります。

テラスでシャンパンを注文しました。

エッフェル塔もオペラ座もみえる、ロケーションはばっちりです(^^♪

値段はお肉が24ユーロくらいからです。

また、テラスでは。お肉(Viandes)とお魚(Poissons)が別のレストランになっていますので。席を選ぶときにどちらが良いか伝えると案内してくれます。

ロラン・デゥボア(8階)

チーズ店といえば、このデゥボアさんですね。2000年にすでに、フランスのチーズ最優秀賞に輝いたチーズ職人の方です。パリ市内にも店舗を構えています。

こちらのグルメ街では、チーズの盛り合わせや、ハムの盛り合わせなどがあります。

値段は、サラダが16ユーロからと、チーズの盛り合わせが20ユーロからとなっています。

ゴントラン・シェリエ(8階)

シェリエさんのパン屋さんも有名ですね。すでに東京店も含め世界中に30店舗を展開している、インターナショナルなパン屋さんです。

こちらのグルメ街では、ライ麦のみそのパンなど、イカ墨のパンや、抹茶クロワッサンなどもだしています。

使っている味噌は赤味噌です。

確かにイカ墨の味がします。

管理人は、この抹茶クロワッサンと抹茶のパン・オ・ショコラが好きです。

7階では、有名シェフのパン、お肉、チーズ、ケーキがその場で楽しめてしまいますよ(^^♪

レストラン

●名前 : Christophe Michalak

●名前 : AKRAME

●名前 : Gontran CHERRIER

●名前 : Laurent DUBOIS

Printemps du Goût – 8ème étage du Printemps de l’homme
64 boulevard Haussmann
75009 Paris

エレベーターで行くと、この看板がかかっています。

サイト : プランタンデパート グルメ街 4人のシェフ

最寄り駅 : メトロ : Havre caumartin 駅 (9号線)

定休日と営業時間: 毎日9時半から19時半まで(木曜日は20時45分まで)。

スポンサーリンク

ギャラリーラファイエット本館

ラファイエットとプランタンも、レストランに力を入れていますね。ふら~っと行って、構えないで食べれます。

ギャラリーラファイエットの本館の1階(日本語で2階)には、カスピア(Kaspia)という、キャビアを出している専門店があります。店内は明るく、買い物をして疲れたらすぐ座れて、軽食が食べられるのが魅力です。

ラファイエットの本館の内装がきれいですので、座って天井を見ながらの食事はなかなかおつです。

キャビア専門店ですので、キャビアを注文してみました。

予算も限りがありまして、一番小さなサイズにしました。

卵のブルイヤール(卵をといて、フライパンでふっくらと焼いたもので、ハムエッグを作るときと同じ要領です)です。ここのブルイヤールは美味です(^^♪

ブルイヤールはトリュフとの混ぜて焼いているものが多いですが、こちらのはサーモンを上に飾っています。

もう1点、カニのサンドイッチを注文しました。ちょっと、値段の割には今一つでした。

レストラン

Galerie Lafayette – 本館
●ブルイヤールとサンドイッチは20ユーロから。キャビアは10グラムから、シャンパンとセットで39ユーロからです。

同じ値段なら、ブルイヤールが断然お薦めです。

https://sakurakodesu.xyz/restosvivienne/

ギャラリーラファイエットのグルメ館

プランタンデパートのお隣のギャラリーラファイエットのグルメ館は、独立して本館の正面へ移動しました。

入って、お菓子コーナーを通っていくと、いくつかカウンターになっているレストランがあります。

メゾン・ドゥ・ラ・トリュフ

一つ目がトリュフのレストランで、「メゾン・ドゥ・ラ・トリュフ」です。

カウンターで食べられますので、一人でも全く気になりませんよ。

メインの一品で、ニョッキのホワイトソースかけ、白ハムと黒トリュフ添えです。

【ニョッキのホワイトソースかけ、白ハムと黒トリュフ添え】

卵料理の、卵のブルイヤールの黒トリュフ添えです。

先ほどのカスピアのブルイヤールと、また違った味です。

【卵のブルイヤールの黒トリュフ添え】

シンコ・ホタス

二つ目は、生ハムの専門店のレストランの「シンコ・ホタス」です。

>生ハム用の豚のももがぶらさげられて、陳列されています。

ベジェタリアンのサラダです。

【ヴェジェタリアンのサラダ】

イベリコハムに、トマトのニンニク味のピューレと、ジャガイモのピューレ添えです。このトマトのニンニク味のピューレはなかなか美味しいです(^^♪

【イベリコハムとトマトピューレとジャガイモのピューレ】

レストラン

●名前 : Maison de la truffes

●名前 : 5 jotas


Galerie Lafayette – Groumet
35 boulevard Haussmann
75009 Paris

●アラカルトでサラダが16ユーロから。メインのトリュフ料理が20ユーロから、イベリコハムは36ユーロです。

サイト : ギャラリーラファイエット グルメ館レストラン

最寄り駅 : メトロ : Chaussée d’Antin 駅 (7号線)

定休日と営業時間: 毎日11時半から19時半まで。

ア・カズルナ(パレ・ロワイヤル隣)

パレ・ロワイヤルのすぐ隣にある、コルシカ島の料理のレストランです。

店内の装飾が茶色で統一されていて落ち着いて、サービス良いです。

コルシカから直接素材を仕入れているので、野菜も美味しいです。

前菜のサーディンは、バジルとトマトのコンフィを使っています。臭みがなく、うっとりする味付けです(^^♪

【フレッシュ・サーディンのアカピーマンのコンフィ添え】

メインにラムステーキにしました。

丸いオニオンと栗が敷いてある上に、肉を、そしてトマトのコンフィ(オレンジ色)との相性が抜群です。これもコルシカ島から取り寄せています。

トマトコンフィは、コルシカ島産というだけあり、味が芳醇です。

【トマトコンフィとオニオン添えラムステーキ】

もう一つメインはコルシカ島名物の、ポレンタ入り、ビーフのストゥファトゥです。

【ポレンタ入りビーフのストゥファイトゥ】

トマトソースで味付けしています。

デザートには、栗のババロアを選びました。

食後酒に、ミールの「オー・ドゥ・ヴィ」をサービスで出してしてくれました。

予約は【ラ・フルシェット】のサイトをとおすと、40%引きになります。

割引適用で一人グラスワインと、シャンパンとコーヒーを入れて一人60ユーロくらいです。

シャンパンを注文するとどうしても高くなりますが、やはり、スタートのシャンパンは、美味しいです(^^♪

コルシカ島の食材は、太陽をふんだんに浴びています。味に深みがあり、また盛り付けが綺麗です(^^♪

レストラン

●名前 : A Casaluna
住所 :6, rue de Beaujolais 75001 Paris France
電話 :01 42 60 05 11


アラカルトで、前菜が15から、メインが22から、デザートが15ユーロから。

フルシェットで予約をすると、飲み物以外が4割引きになります。4割は大きいです。

最寄り駅 : メトロ : Palais Royal-Musée du Louvre 駅 (1 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 定休日なしです。

サイト: http://acasaluna.com/

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

現在パリでは、有名シェフのレストラン展開が進んでいます。

オペラ座はなんと言ってもパリでもど真ん中にあり、和食店が沢山あるサンタン通りからも近いです。

その点フレンチを食べようと思うと、少し値段ははりますが、オペラ座周辺のレストランは味も、盛り付けも綺麗です。

またオフィス街でそれなりのレストランが多いですので、常に新しいレストランができています。

プランタンやギャラリーラファイエットデパートには、レストランが店舗形式でお店が複数入っています。椅子やテーブルはスチールですが、その分安く提供するという考えで、お昼も夜も近場の会社勤めの人たちでにぎわっています。

ワンフロアで有名シェフの料理も食べられますし、本格的なフランス料理も食べられます。

環境のいい場所で、買い物のついでにも、一人でも気軽に行けます。

ランチ、ディナーを楽しんで下さい。

https://sakurakodesu.xyz/restoslouvre/

https://sakurakodesu.xyz/pierregagnaire/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事