ピエール・ガニェールのパリのレストランを完全案内!写真も多数掲載

スポンサーリンク

ピエール・ガニェールさんといえば、フレンチのシェフとして世界的に有名な一人です。

ご自身のお店も世界各国に複数展開しいますし、ミシュラン三ツ星レストランのシェフであり、2019年も三ツ星を見事キープされています(^^♪

フランス国内で約10のレストラン、国外では日本も含め約10のレストランを経営なさっています。

管理人もランチに行ったことがありますが、素材の良い料理とサービスも細かで感激しました。

この記事ではパリにあるピエール・ガニェールさんのお店について、それぞれの情報をまとめました。

そして記事後半では実際に管理人が行った2つのお店について詳しくご紹介します。

最後に、小説家でもあるマダム・ガニェール(シルビー・ル・ビアムさん)に管理人が直接インタビューしたものも掲載しますのでこちらも合わせてお楽しみください。

それでは早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

ピエール・ガニェールのパリのレストラン情報

冒頭にも書きましたが、ミシュランの星の受賞者の発表がこの1月にあり、ガニェールさんは2019年も三ツ星を保持され ています。

ガニェールさんはご両親のレストランで修行され、最初はパティシエとしてスタートをきりました。

それからひと夏、フランス料理界の大御所のポール・ボキューズさんのレストランに修行にいきました。

それからフランスの南にあるサン・テチエンヌ(Saint-Etienne)でレストランを始め、1993年・若干43歳で、斬新な料理でミシュランの三ツ星を獲得しました。

三ツ星のレストラン「ピエール・ガニェール」を含め、パリには現在5店舗があります。

そのうちの3つが、ガニェールさんご自身が経営されていて、他の二つはフーケッツで、料理長として総指揮をとっていますので、メニューにはガニェールさんの名前が入っています。

  • ピエール・ガニェール(8区)
  • ガヤ・リヴ・ゴーシュ(7区)
  • ピエロ(6区)
  • フーケッツ(シャンゼリゼ通り)
  • フーケッツ(オンガン・デ・バン)

これら5店舗はいずれも環境が良い場所にあります。その中でも6区、7区と8区はパリでも一番シックでおしゃれな環境です(^^♪

ピエール・ガニェール(8区)

レストラン「ピエール・ガニェール」はご自身の名前「Pierre Gagnaire」を冠している基幹店で、ミシュラン三ツ星のお店です。

星付きレストランになると値段が高くなるのは、料理の素材にこだわるからです。

トリュフ、キャビアやウニなどの値段の高い素材ももちろんですが、盛り付けに使う可憐な食用の花など、厳選した野菜生産者の食材を使っています。

お昼のメニューは一人90ユーロからもありますが、アラカルトなら前菜、メインがそれぞれ200ユーロくらいです。

また、良い素材の料理を食べるとそれに合うシャンパンやワインも飲みたくなるものです。

そうすると、気が付いたら一人500ユーロにはなっています。

お昼のランチなら別ですが、ディナーとなると一人500ユーロくらいにはなりますので、何かの特別な記念に行きたいですね。

【ピエルール・ガニェールの店内の様子】↓

住所 : 6, rue Balzac – 75008 PARIS
電話で予約  : 01 58 36 12 50
メールで予約 : reservation@pierregagnaire.com
サイトで予約 : https://www.pierregagnaire.com/reservation/balzac
サイト : https://www.pierregagnaire.com/restaurants/pierre_gagnaire
営業時間 昼12時から14時 夜19時半から、ラストオーダー21時30分 (土・日は休み)
服装 : 半ズボン、Tシャツやスポーツルックは避けること

ガヤ・リヴ・ゴーシュ(7区)

ガヤ・リヴ・ゴーシュは、先ほどの三ツ星レストランとはだいぶ違い、ずっとカジュアルです。

店内もブラッスリーの雰囲気で、お昼にはビジネスマンの人達が商談に使っています。

ランチメニューが一人39ユーロから、アラカルトでもメインで40ユーロくらいですので、一人100ユーロくらいで食べられます。

トリュフ料理もありますし、素材は星付きレストランよりはシンプルなものにして、ブラッスリーの雰囲気に相応しいものを使っています。

住所 : 6 rue de Saint-Simon – 75007 PARIS
電話で予約 : 01 45 44 73 73
メールで予約 : reservation@restaurantgaya.com
サイトで予約 :https://www.pierregagnaire.com/reservation/gaya
サイト : https://www.pierregagnaire.com/restaurants/gaya
営業時間 昼12時から14時30分 夜19時から23時まで 日曜と月曜は休み

ピエロ(6区)

ピエロはイタリア料理店です。先ほどのガヤがあった場所に新しくできたレストランです。

イタリアンでも、良い素材を使っていて、お昼のメニューがなく、アラカルトのみですので、カジュアルというより値段はある程度高めです。

アラカルトで前菜が16ユーロから、パスタが26ユーロくらいからです。

イタリアンワインがお好きな方には、満足のおく幅広い種類があります。

サイトのページでメニューをご覧ください(^^♪

住所 : 44 rue du Bac 75007 Paris
電話 : 01 43 20 00 40
メールで予約 : reservation@restaurantpiero.com
サイトで予約 :https://www.pierregagnaire.com/reservation/piero
サイト : https://www.pierregagnaire.com/restaurants/piero-paris
営業時間 昼12時から14時30分 夜19時から23時まで 日曜と月曜は休み

フーケッツ(シャンゼリゼ通り)

フーケッツはパリのシャンゼリゼ通りにあるブラッスリーで、幅広く政治家や芸能人も行きかうパリの象徴的な場所です。


政治家でサルコジー元大統領が大統領選のお祝いに出向いて、顰蹙をかいましたが、シャンゼリゼ通りにあるもっとも観光的な場所です。

ガニェールさんは、こちらのフーケッツで総料理長として、メニューに携わっています。
夜のメニューには、ガニェールさんの名前で、ピエルール・ガニェールのディナーで86ユーロ(Menu Pierre Gagnaire 86€ )があります。

住所 : 99, avenue des Champs-Elysées 75008 Paris
電話 : 01 40 69 60 50
サイト : フーケッツ
営業時間 : 朝8時~夜中12時まで。昼11時30分~16時30分、夜17時~23時。定休日なし

フーケッツ(オンガン・デ・バン)

フーケッツはシャンゼリゼ通りのフーケッツの他に、パリの郊外にあるオンガン・デ・バンという町にもあります。

シャンゼリゼ通りとは対照的に、同じフーケッツでも、もっとゆったりとした空間で、周りにある湖などが散歩できる環境にあります。

住所 : 66 Rue du Général De Gaulle – 95880 Enghien-Les-Bains
電話 : 01 34 12 11 22
サイト :フーケッツ オンガンデバン
営業時間 昼12時から14時 夜19時30分から22時まで 定休日なし

スポンサーリンク

 ピエール・ガニェールのレストランのレビュー

それではここからは、管理人が実際に行って食事をしたことのある2つのお店を、写真とともに詳しくお伝えします。

2つとは『ガヤ・リヴ・ゴーシュ』と「フーケッツ・オンガン・デ・バン」です。

ガヤ・リヴ・ゴーシュ

こちらレストランは、パリの左岸と名前がついていて、「ガヤ・リヴ・ゴーシュ」と言い、現在7区のサンシモン通りに引っ越しをしました。

顧客は、ツーリストのお客さんもいますが、お昼メニューがあることで、ビジネスマンや常連さんで賑わっています。

ピエール・ガニェールさんが料理長ではありますが、実際の調理を指揮しているのは、二コラ・フォンテーヌさんで、その料理の繊細さには定評があります。

店内はおしゃれな茶色の色調で統一されています。

入り口には大理石のテーブルが置いてあり、テーブルクロスを敷かずにそのままセッティングがされています。

奥まで進むとテーブルクロスが敷いてあるテーブル・セッティングがしてあり、グループ席もあります。

この日は奥まで通されシックな店内の雰囲気で食事をしました。

まずはシャンパンで乾杯です。

アペリティフ(食前酒)の際のお供に、軽めの季節の野菜を取り込んだ薄焼きパンがサービスで出されました。

お昼限定の低価格なメニューもありますので、値段を抑えたいときにはお薦めです。

この日は前菜は、キャベツの野菜のマヨネーズ添えです。上には、甘さを抑えたアーモンドスライス乗せのビスケットが添えてあります。

野菜とマヨネーズとビスケットが口の中でハーモニーを奏でるというのが、ピッタリの表現かと感動しました。

ビスケットを取り外した状態です。フォークとナイフで食べると砕け散ると思い、ビスケットはかじって食べました。たかがマヨネーズですが、このマヨネーズは繊細でした。

メインには、貝柱の黒トリュフ添えを選びました。

このくらい、びっしりと黒トリュフが乗っているのを食べるのは管理人は初めてで、黒トリュフを堪能したのですが、スライスされたトリュフを沢山敷くことで、味や香りが立ち込めます。感動でした(^^♪

冬はトリュフ料理がおすすめです。

レストラン情報
●Restaurant Gaya
住所 6 rue de Saint-Simon – 75007 PARIS
電話 +33(0)1 45 44 73 73
値段: お昼のメニューが2品で39ユーロ、3品で45ユーロ。
アラカルトで、前菜が15ユーロ~、メインが25ユーロ~、デザートが10ユーロ~。
営業時間 昼12時から14時30分 夜19時から23時まで 日曜と月曜は休み
スポンサーリンク

フーケッツ・オンガン・デ・バン

ガニェールさんは、フーケッツの料理長で、シャンゼリゼ通りのフーケッツの他に、パリの郊外にあるオンガン・デ・バンという町に、フーケッツが経営するレストランがあります。

オンガン・デ・バンには湖があり、とても見晴らしの良い場所にレストランがあります。

パリの喧騒を忘れて、景色を楽しんで、ちょっといい食事をしたいというにはピッタリの、ゆっくりとしたスペースのレストランです。

この日は、友人のお誕生日で、全部で10人で大きなテーブルで食べました。

ホウレンソウのムスリンの揚げ物。

サツマイモのムスリンです。

お料理に関しては、ガヤの方が味付けも上品と感じました。こちらのオンガンは、景色を楽しみながら、ゆっくりと過ごしたいという方にはピッタリと感じました。

ガニェールさんのグループには、東京店もありますので、日本の素材も使っていて、日本ののりも素材に使っています(^^♪

レストラン情報
●FOUQUET’S ENGHIEN-LES-BAINS
住所 66 Rue du Général De Gaulle – 95880 Enghien-Les-Bains
電話 +33(0)1 34 12 11 22

値段: お昼のメニューは特にありません。
アラカルトで、前菜が15ユーロ~、メインが25ユーロ~、デザートが15ユーロ~です。
営業時間 昼12時から14時 夜19時30分から22時まで 定休日なし

マダム・ガニェールのインタビュー

マダム・ガニェールさんがサクラコブログのために、インタビューに応じて頂けました。

Sakurako : ガヤのコンセプトからお話下さい。

Mme Gagnaire : Gayaのコンセプトは、ブラッスリーです。パリのサンジェルマンには、伝統的なブラッスリーがあります。

こちらのGayaは、そのパリのブラッスリーの料理を踏襲しつつ、ピエール・ガニェールの「タッチ」を加えることで、味にアクセントを加え、通常のブラッスリーにないプラスアルファを付けています。

値段もある程度抑えている価格設定であるために、週に2,3回来られている方もいます。

また、ブラッスリーのコンセプトとして、広い空間で料理の演出をしたかったこともあり、7区に引っ越しをしました。ブラッスリーらしく広く、見渡しがいい空間で、サービスをと料理を提供していきたいと思ったからです。

Sakurako 8区の3つ星レストランについてはいかかでしょうか。

Mme Gangaire : こちらのGayaと比べると、ずっと値段が高いです。値段が高いのは、素材を含め料理の細部にこだわって一品ずつ出しているからです。

細部にこだわるということで、素材も厳選しています。そのせいでどうしても値段が高くなります。

ですので、8区にお越し下さる方は、週に2,3回来るというよりは、お誕生日や何かの記念日にお越し下さるという傾向です。

Sakurako : 以前はサンテティエンにいらして、それからパリに居を構えられましたね。

Mme Gangaire : はい、フランスの料理界を取り囲む環境はこの20年で随分変わりました。私たちがサンテエンにいたときは、パリとの距離がありました。ところが今は、パリとリオン間は2時間で移動できます。

私たちはパリでレストランを展開していますが、いろいろな諸条件がこの20年で変わったことにより、パリではない他の都市で、星付きのレストランを経営していく他のシェフもいます。

Sakurako : 旦那さんのガニェールさんとどのように仕事を分担されているのですか。

Mme Gangaire : 夫と一緒に仕事をしていますが、私は小説家でもあります。ですので、夫の仕事も手伝い、レストランのコミュニケーションは私が担当しています。

子供が小さい時は、家族のことを優先してお昼はレストラン経営に参加して、夜は子供と一緒にすごすようにしました。

小説家とレストランの経営をこなすのは、一見大変にみえますが、時間配分をすることでいままで、やってこれました。

夫は料理に専念し、私がコミュニケーションを担当し、お互いに境界を越えないで、お互いを尊重しあうことで、仕事をしています。

Sakurako : 失礼ですが、大変きれいなお肌ですね。何か秘訣があるのでしょうか。

Mme Gangaire : 肌がきれいなのは、これは遺伝です。私のおばあちゃんも、母も肌がきれいで、シワがなかったのです。

私は、ニースの生まれですが、気候の恩恵というよりも、遺伝のおかげだと思っています。

インタビューを終え、感じたことは、その素朴なお人柄です。ご自身でも小説家という仕事を持っていらっしゃることで、旦那さんの仕事に協力し、イキイキとした活力を感じました。

それが、ガニェールさんの料理にも貢献しているのでしょう(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。三ツ星シェフのガニェールさんの、レストラン5店をご紹介ました。

ブラッスリーや、三ツ星レストランでそれぞれ、出す料理は違っているということですね。

予算によって、行ける行けないはもちろんありますが、それぞれの予算に応じて、美味しい料理を出すというシェフのアイデアで、美味しい料理が食べられるのは嬉しいことです。

Gayaは特に、魚系の海の幸をメインに出した料理です。二コラ・フォンテーヌさんの繊細なタッチで、いとも簡単に美品に生まれ変わります。

また、マダム・ガニェールのお名前は、ル・ビアンさんですが、マダム・ガニェールさんで統一して書きました。

ガヤ・リヴ・ゴーシュのお料理、お薦めです(^^♪

わざわざパリでイタリアン?とも思いますが、美味しいイタリアンのレストランはパリに多いです。 オペラ座界隈は、日本人街だからイタリアンが...
パリの中でも、とりわけ「オペラ座」周辺にはレストランが沢山あります。 オペラ座はパリのど真ん中にある有名なオペラハウスで、近くには日本...

スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事