フランスの有名な食べ物!各地方特有の人気の料理やお菓子を厳選紹介

スポンサーリンク

現在フランスから日本にも様々な食べ物が輸入されています。しかし、フランスでは有名なのに、日本では紹介されていない食べ物や飲み物もあります。

フランスは日本の約1,5倍の広さで、イギリスのすぐ隣にあるフランス北部と、地中海に面するフランスの南部では、食べ物の文化がまるで違っています。

フランスの料理といえば、高級なイメージで品の良い飾り付けで紹介されていますが、それはごく一部のことです。一般的なフランス人が日常的に食べるものは、地方で手に入る食材を使った料理です。

南仏のトゥールーズの「カスレ」は特に有名ですが、北フランスのノルマンディーや、西南のバスク地方、はたまた東のアルプスの各地域には、地方色に溢れた特産品が沢山あります。

そこで今回は分かりやすく、フランスを4つの地域に分けて、フランス各地域発祥の食べ物やお菓子、飲み物をまとめてみました。

「料理や飲み物の名前は聞いたことがあるけど、どの地方?と言われると良く分からないな…?」という方にお薦めですよ!

では、早速それぞれの地域を見ていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

目次

フランスの各地域の代表的な食べ物とお酒

フランスの料理は、

  • 北はバターを使ったホワイトソースの料理
  • 南はオリーブオイルの地中海料理

といった違いがベースで、見た目で北の料理は白、南の料理は黄色となっていますね(^^♪

料理の写真にはお薦め度を★にしています(^^♪ので参照してください。

北西 :北のノルマンディーと西海岸のブルターニュ

フランスの北はバター料理です。ノルマンディー地方とブルターニュ地方はバターの名産地帯です。エシレバターも有名です。

仔牛フィレ肉のエスカロープのノルマンディー風ソース

仔牛フィレ肉のエスカロープのノルマンディー風ソース(escalope de veau à la normande) ★★★

ノルマンディー地方は北に位置している為、日照時間も短くワインの生産には適していません。そこで作られたのが林檎から作られた、〚カルバドス酒〛ですね。

同じ林檎から〚シードル酒〛も作られますが、カルバドス酒はシードル酒よりも熟成期間が長くアルコール度数も高いです。カルバドス酒はカルバドス県の特産品です。

この仔牛のエスカロープ・ノルマンドをデグラッセ(仔牛のスライスにしたエスカロープをフライパンで焼くと、肉汁がこびりつくので、フライパンにアルコールをかけて、肉汁をソースに取り込みます)する時には、このカルバドス酒を使っています!

シードル酒とガレット

ブルターニュ地方の特産には、そば粉があります。クレープを作るのに、普通の小麦粉を使わず、そば粉を使うと色が少し茶色がかっています。それをガレットと言っています。

がレット( galette) ★★★

ガレットのお供はやはりシードル酒ですね(^^♪

シードル酒(cidre) ★★★

ガトー・ブルトン

ブルターニュ地方は、フランスで一番の漁獲高をほこる地域です。漁師さんは一か月や二か月の間家を空けて漁に出ます。

そんな時に、船の上で食べられお菓子が、「ガトー・ブルトン」です。バターが沢山入っているわりにはビスケットのような生地なので、保存もできるのですね(^^♪

ガトー・ブルトン (gâteau breton)★★★

クイニー・アマン

クイニー・アマンは、なにか響きがフランス的ではないですよね?そうなのです。文字にすると〚Kouign amann〛といってイギリスから入ってきたものが、ブルターニュ地方に残ったのです。(この発音が難しいです。管理人は、何度も聞きなおして聞こえたのは【クイニャマン】です。。。)

イギリスがすぐお隣です。

クイニー・アマン(kouing ammnne)★★★★★

このお菓子は、パイやクロワッサンのように、パイ生地と同じ要領で作り、それにバターが混じりキャラメル味に焼き上がります。

食感は、クロワッサンとパイとの中間といったところで、バターとキャラメルのさっくり感がなんともたまりませんよ(^^♪管理人のお薦め強のお菓子です。

ブリオッシュ・ヴェンデエンヌ(ガシュ)ヴォンデのブリオッシュ

エシレバターがあるのがフランスの西海岸側で、エシレの隣にヴォンデという都市があり、そこのブリオッシュを〚ブリオッシュ・ヴォンデエンヌ〛と言って、同じブリオッシュでもちょっと違った作り方をしています。

髪の毛を三つ編みにするように、生地を棒状に細長くして三つ編みに絡めて焼くのでこんな形になっています。

名前もブリオッシュといわないで〚Gâche vendéenne ガッシュ・ヴォンデエンヌ〛とも言います。

ブリオッシュ・ヴォンデエンヌ(brioche vendéene)★★★

ノワールムチエのフルール・ド・セル(塩の花)

ノワールムチエは大西洋のブルターニュ地方にある大陸からすぐ隣の離島です。塩の名産地です。

このノワールムチエのフルール・ド・セル(塩の花)は、料理にも使われていますし、バターの塩分にこの粒もいれているバターがあります。

同じ塩でも高級品です。

ノワールムチエのフルール・ド・セル★★★

ブリオッシュ・ムスリン

フランスはバターが安くふんだんに使えますので、フランス料理にはバターソースにも種類があるってことですね。

バターソースでフランスで一番使われいるのが〚オランダデーズソース〛です。その他に〚ムスリンソース〛も有名ですが、それにちなんでブリオッシュにも〚ブリオッシュ・ムスリン〛があります。

ブリオッシュ・ムスリン(brioche mousseline)★★★

このブリオッシュは背高ブリオッシュで、オーブンで焼き上げる時に、丸筒の中にベーカリー用の耐熱紙を丸めて、その中に生地を入れて背を高く発酵させてから焼きます。

高さが18cmもあります。バターがたっぷり入っていて、クロワッサンと同じくらいにふっくらとしています。

ブリオッシュの虜になると、ラインが気になりしばらく断食なんてしそうですね。 パン屋さんの前を通ると、「美味しそうな香り~!」とふらふら...

アスパラガスのオランデーズソースがけ

フランスで一番使われるのがこの〚オランデーズソース〛です。なぜフランスで一番使われているソースが、オランダと命名されたのかは不明です。。。

アスパラが高くて、綺麗なアスパラでなくてすみません。。。

スポンサーリンク

アスパラガスのムスリムソースがけ

そして〚アスパラガスのムスリムソース〛ですね。

オランデーズソースには生クリームが入っていなく、卵と水を泡だて、ふっくらとさせたソースです。その点ムスリムソースには生クリームが入っていますので、見た目がもっとふっくらとしています。

アスパラガスのソース・ムスリン(sauce mousseline)★★★

ブシェ・ア・ラ・レーヌ

ブシェ・アラレーヌは、バターたっぷりのパイ生地を使った料理です。パイ生地を重ねてオーブンで焼き上げ、別の鍋で、トリ肉やら内臓、マッシュルームを炒めて、バターたっぷりのベシャメルソースをたっぷりとかけた一品です。

飾りつけにはパイ生地の帽子をのせるのが可愛いですね。パイ生地のサクサク感とベシャメルソースがよくマッチして、出来たてをのアツアツを食べるのがお薦めですよ。

パッと見は豪華に見えますが、自宅でも簡単にできる一品ですよ。

ブシェ・ア・ラ・レーヌの意味は、〚女王の一口パイのチキンクリームかけ〛となっている説明があります、ブシェが一口で、レーヌが女王なので、〚女王式に一口〛という訳が正しいです。

ただこのパイの直径は8㎝くらいはあり、一口では食べられません。

ちなみに、この女王は、ルイ15世の奥さんのポーランド出身の女性でした。朝廷の料理人に作成を頼んでできた料理です。

カキ

西海岸のブルターニュ地方は海岸というだけあり、海の幸が有名です(^^♪

海の幸の盛り合わせ(fruits de mer)には

  • カキ
  • エビ
  • エビ
  • オマール(海ザリガニ)

などが盛り付けされています。〚海の幸の盛り合わせ〛はレストランの定番の一品です。

名産地としては、ブルターニュの南の西海岸の真ん中に位置するカキの産地として、〚オレロン島(île d’Oléron)〛があります。

また、モンサンミシェルの近くにあるコンカル(Cancale)です。

カキ(huitres) ★★★★

ムスカデの白ワイン

西海岸にナントという都市があります。ナントはムスカデという品種の〚ムスカデ〛という辛口の白ワインがあります。(品種名とワイン名が一緒です)

辛口の白ワインといえば、ブルゴーニュのシャブリを思い浮かべる方も多いと思いますが、このムスカデの品種はナントにしかない珍しい品種なのです。

カキと抜群の相性です。

ムスカデ(Muscadet)★★★

ムスカデワインを選ぶときは〚スール・リ Sur Lie 〛と書いてあるのがお薦めです。辛口でコクがあって美味しいです。

ムスカデのチーズ

クリュ・ナンテ・オ・クリュ・エ・オ・ミュスカデはウオッシュタイプのチーズです。外側が黄色いのはミュスカデのワインで洗っているからです。

上部に波の模様になっているのがこのチーズの特徴です。この地方でのみ作られています(^^♪

クリュ・ナンテ・オ・クリュ・エ・オ・ミュスカデ(curé nantais au lait cru et au muscadet)産地はロワール ★★★

フランスのチーズ一覧!種類と一緒に定番~変わり種をご紹介!

リエット

そして、有名な〚ル・マンの24時間耐久レース〛がありますが、ル・マン( Le Mans) は〚リエット〛の有名な生産地です。

リエット ( rillette )★★★

リエットは肉で作るというイメージがありますが、魚のリエットも沢山あるのですよ。

リエットは、向井理さん主演のドラマ「ハングリー」で紹介されていましたね。ドラマの1話で、向井さんが瀧本さんへ渡した食べ物が「リエット」でした。瀧本さんはそれからフレンチに惹かれていくのですね~(^^♪

リエットの食べ方!肉と魚の組み合わせをどうコーディネートする?

西南地方 : ボルドー、ピレネー山脈地方

ボルドーの東にペリゴール地方があります。この地域一体が鴨の有数な生産地が、フォアグラもトリュフも特に有名です。

トリュフ

世界三大珍味の一つの〚トリュフ〛は、何か霧に包まれた存在ですね。高価でなかなか味わう機会がないせいで、どんな香がするものなのかと想像を膨らませてしまいます。

種類も白トリュフから黒トリュフ、はたまた夏トリュフと呼ばれるものもあり、お値段はフォアグラより高価です。フランス西南のペリゴールで採取されるのは黒トリュフです。

これは夏トリュフです。★★★★

タッリアテッレの黒トリュフ添え

スポンサーリンク

ファオグラとトリュフのトースト

ファオグラと一緒に食べるのが一般的で、香がいいですね(^^♪高いですが、うなづく味です。

関連記事

➡ トリュフとは何?基礎知識から食べ方・保存法まで総合まとめ

フォアグラのテリーヌ

〚フォアグラのテリーヌ〛は、鴨の肝に味付けして焼いたものです

鴨かガチョウの肝臓が調理さたのをテリーヌと言っています。缶詰になったフォアグラなら、〚Entier オンティエ〛や〚Bloc ブロック〛という種類が美味しいです。

フォアグラのテリーヌ( terrine de fois gras)★★★

 鴨のコンフィ

鴨肉の本体の料理の一つが〚鴨のコンフィ〛です。作り方は鴨肉に塩コショウをまぶして、ニンニクとタイム、ロリエをふりかけたコクのある唐揚げに近い味です。

鴨のコンフィ(confit de canard) ★★★

マグレ・ドゥ・カナール

鴨肉の別の料理には、〚鴨の胸肉のロースト〛があります。鴨の胸肉のロースト(マグレ・ドゥ・カナール)は塩コショウで味付けをして、その肉自体の脂でフライパンで焼いて出来上がりです(^^♪ 上の鴨のコンフィと同じ鴨料理ですが、こちらのマグレは、はちみつが入っていますのでソースが甘くなります。

鴨の胸肉のロースト(magret de canard)★★

パテ

パテは、ペリゴールの特産品です。フォアグラで鴨の肝臓を使い、残りの本体の肉の部位で作ったものがパテです。

〚パテ・ドゥ・カンパニーニュ〛が有名ですね。パテについては、別記事をご参照ください。

関連記事

テリーヌとパテの違いとは?語源から材料まで詳しく調べてみました

パテ・デゥ・カンパニーニュ(paté de campagne)★★

ペリゴール地方の老舗の「メゾン・デュベルネ」のパテ・ドゥ・カンパーニュです。↓

鴨の産地がペリゴールで、そこから少し南へいくと、バイヨンヌです。

バイヨンヌの生ハム

ペリゴールやボルドーから南一帯がガスコーニュ地方と言いますが、この地域一帯が豚の生産地です。日本でも知られている〚バイヨンヌの生ハム〛があります。

生ハムと言えば、スペインの〚イベリコの生ハム〛が特に有名ですが、またバイヨンヌの生ハムも、現在は良い品物がでてきました。ピレネー山脈の麓で飼育されている豚の種類で、〚バスクの豚〛を使ったハムです。

スーパーで売っているただの生ハムとは違います。値段の違いはありますよ。

オッソー・イラティチーズ

オッソー・イラティは、スペインとの国境付近のピレネー山脈のバスク地方のヒツジ乳が原料でヘーゼルナッツの香がする固めのチーズです。

オッソー・イラティ(Ossau-Iraty )産地はバスク地方★★★★

ガトー・バスク

バスク地方のお菓子「ガトー・バスク」です。同じような作り方でブルターニュ地方の「ガトー・ブルトン」がありましたが、ガトー・バスクには中にジャムが入っています。ジャムはバスクでよく使われる黒サクランボのジャムか、カスタードクリームが一般的です。

ガトー・バスク ★★★

管理人の好みを言わせてもらえば、先ほどのガトー・ブルトンの方が美味しいかなと思います。。。ただ、このような表面のラウブルと言って「バスク十字」飾りをしてあるのが、ガトー・バスクです。綺麗ですね!

スポンサーリンク

バスクのバター

このバターは珍しいです。バターというと、ノルマンディーやブルターニュ地方をイメージしますが、バスクにもありました(^^♪(管理人が知らないだけなのでしょうが、パリでもそう出回っていませんが見つけましたので、載せました。)

バスクのバター

ガトー・バスク ★★★

生バターではないのですが、なかなかいける味です。形が変わっていて、四つ葉のクローバーの形です。ERREKAという会社です。バスク地方の牛乳のみで作ったと書いてありますよ(^^♪

次に、赤レンガの建物で有名なトゥールーズがあります。トゥールーズは細長のソーセージといんげん豆の生産地で、いんげん豆とそのソーセージを使った〚カスレ〛という煮込み料理があります。

カスレ

カスレの発祥の地は、カステルノダリイ(Castelnaudary)と言ってトゥールーズより少し東に行った町で、当初は豚肉のカスレでしたが、今はこの〚鴨のコンフィ〛を使ったトゥールーズ料理となりました。

地方の特産物を使った郷土料理で飾り気のない素朴な味で、根強いファンが多いです。

カスレCassoulet ★★★

東南地方: プロバンス地方とサヴォア地方

トゥールーズからずっと東に行くと、プロバンス地方があります。プロバンス地方はハーブの生産地です。大手のブランドのデゥクロ社(Ducros)から色々な種類のハーブがでています。

プロヴァンス風

プロバンス風という言い方よく聞きますよね?ただはっきりこれがプロバンス風というレシピはないのですが、

  • タイム: thym
  • ローズマリー: romarin
  • オレガノ: origan
  • セイボリー :sarriette

などのハーブで味付けをした肉のステーキなどの料理を、「プロバンス風」といっています。

プロバンス風の羊のあばら骨付き★★★

トマトにもハーブがふりかけてあります(^^♪

ヌガ

またお菓子の〚ヌガ〛はプロヴァンス地方のモンテリマール県の特産物で、地中海のアーモンドをふんだんに使ったお菓子ですね(^^♪

砂糖、ハチミツ、水を鍋で温めて、フライパンで炒ったアーモンドと、泡だてた卵白と合わせて型に入れて、冷まして出来上がりです。ただ卵白とハチミツを使っているの固めです。ヌガはイタリアン・メレンゲで作ります。

ヌガ ★★★

フランス語で、メレンゲのことを「ムラング」と言いますが、フランスの伝統的なムラングの他に、イタリアンのバリエーションがあり、それぞれ作る形や...

カリソン・デクス

もう一つのプロヴァンス地方のお菓子は〚カリソン・デクス〛です。アーモンドを粉にした「アーモンドプードル」と、卵、乾燥させた果物アブリコット「アブリコのコンフィ」が材料です(^^♪

今プロヴァンス地方では、アーモンドの栽培をする農家が減りました。気温と降水量に左右され安いですので、生産が難しいからです。材料にアーモンドを使っていますので、値段が高いのです(4個入りで700円以上です!)が、根強いファンがいます!

カリソン・デクス★★★

フランスの伝統菓子はフランス各地の特色があり、その中には何百年と継承されてるお菓子もあります。 今でこそ砂糖も簡単に手に入りますのでデ...

コワンのパット、ジャム、ジュレ

コワンは、〚かりん〛です。日本ではかりん酒が有名ですね。フランスではコワン(Coingと書いてコワンと読みます)は、水で煮てエキスを出して、それを煮詰めて砂糖とゼラチンで固めたてたものを、ジュレと言います。

コワンのジュレ ★★★

また、エキスではなく、果肉を使うとジャムになります。

コワンのジャム ★★★

そして、果実を煮詰めて、濾して更に煮詰めると、〚パット〛になります。

コワンのパット ★★★★

コワンのパットは、羊のチーズに合うので、併せて食べることが多いのですね。

こんな羊のチーズ(オッソ―・イラティなど)とコワンをあわせたり、

コワンのパット羊のチーズ★★★★

ジャムやジュレとチーズと一緒にパンにのせて食べるのも美味しいです。

プロバンス地方のコワンと、バスク地方の羊のチーズの融合です。

プロバンス地方は果物の特産地です。太陽はやはり南仏にはかないません(^^♪

スポンサーリンク

 ラクレット

プロバンス地方から北に上がるとサヴォア地方があります。特産にはチーズ料理の〚ラクレット〛と〚チーズフォンデゥ〛があります。ラクレットは別記事を参照ください

ラクレット(Raclette) ★★★★

〚チーズフォンデゥ〛に使うチーズは、「グリュイエール」「エメンタル」や「コンテ」などです。鍋にこれらのチーズを白ワインで溶かして、パンでチーズすくって食べるサヴォア地方の料理です。

ヴァン・ジョーヌの黄色のワイン

フランスの白ワインはブルゴーニュのワインが特に有名ですが、このラクレットチーズがある地方のジュラ地方に、〚ヴァン・ジョーヌ〛といって黄色のワインがあります。

この黄色もこのジュラ地方だけにあります。味に癖があるのですが、地方独特の産品で、好きな人はすごく好きなワインです。ラクレットチーズにも合いますよ(^^♪

Vin jaune (黄色のワイン)★★★

実際ワインの色も白というより黄色なのです。

ブレスの鶏

プロヴァンス地方の北に、オベルニュ・ローヌ・アルプス地方とブルゴーニュ・フランシュ・コンテ地方があります。この地域には名産のトリ肉で〚ブレスの鶏〛があります。フランスでも類を見ない質と言われています。

ブレスの鶏は、足が青、白い羽、赤いトサカなのです。この品種の鶏は世界でこのブレスの鶏だけなのです(^^♪赤白青のフランス国旗をイメージしますね。

このブレスの鶏の飼育には

  • トウモロコシ
  • 小麦
  • 牛乳の練り物

などの餌を使って、5か月の放し飼いにした高級な鶏肉なのです。放し飼いをするのは、費用がかかり、普通は小屋の中で飼育されるのが、このブレスの鳥は特別です(^^♪

ブレスの鶏(poulet de bresse)

料理としては、鶏肉が高級なので使う食材も高級なキノコの〚モリ〛を使った、ブレスの鶏肉クリーム煮などが有名です。

リオン近郊のブレスには、日本でもとても有名なジョルジュ・ブランという三ツ星を獲得したシェフがいます。リオン地域は鶏だけではなく、品質の高い生クリームの生産地ですね。

ブランケット・リムー

ブランケット・リムーはリムーザン地方の発泡酒で、シャンパーニュ地方のシャンパンと同じ発泡酒でアペリティフとしても、または甘いデザートにも合う飲み物です。

リムーはピレネー山脈付近にある町で、シャンパンより値段もずっと安くフランスの南東を代表する飲み物です。品種はモーザックがメインに入っていてせいで、はちみつやリンゴの香りを感じ、南東の太陽を感じる発泡酒です。

ブランケット・リムー(blanquette rimoux)

北東地方 : ブルゴーニュ、シャンパーニュ地方

ブルゴーニュ風エスカルゴ

ラクレットチーズのサボア地方から北に行くと、ブルゴーニュ地方です。ブルゴーニュワインで有名ですが、〚ブルゴーニュ風エスカルゴ〛の有名産地です。エスカルゴの殻に、パセリとニンニクを練り合わせたバターを詰めてオーブンで焼き上げた一品です。

ブルゴーニュ風エスカルゴ(escargot bourguignon) ★★★

ブルゴーニュにディジョンがありますが、デイジョンの〚マスタード〛は有名ですね(^^♪

ブフ・ブルギニュオン

ブルゴーニュ地方のワインを使った〚牛肉の赤ワイン煮込み〛はフランスの家庭料理です。〚ブフ・ブルギニュオン〛と、ブルゴーニュの名前がついていますが、発祥の地とはなっていません。またブルゴーニュワインは値段が高いので、他のワインで代用されている場合が多いのです(^^♪

作り方は、牛肉の筋肉など、ステーキには使えないような部分を、玉ねぎやニンジンなどと炒めて、赤ワインで2時間程煮込みます。(^^♪

牛肉の赤ワイン煮込み(boeuf bourguignon)★★★

マカロン

そして、ナンシーという都市は名前が知られていませんが、〚マカロン〛の発祥の地です。なんと16世紀から作られているのですね。当時は修道院で肉が食べられなかったので、アーモンドは大事な蛋白質源だったと言う事です。

デパートで売られている華やかなマカロンと違って、素朴なクリーム色です。

キッシュ・ロレーヌ

キッシュ・ロレーヌは珍しく産地がはっきりとして、ロレーヌ地方のキッシュです。

具材は、ベーコン、卵、生クリーム、チーズで、材料をまぜて、型にパイ生地を敷いて、具材をいれ、チーズをかけてオーブンで焼いて出来上がりです(^^♪

キッシュ・ロレーヌquiche lorraine★★

シュクルート

東のドイツとの国境沿いにアルザス地方があり、〚シュクルート〛料理があります。アルザス地方のソーセージやベーコンをキャベツの千切りと煮込んだ家庭料理です。

ワインはやはりアルザス地方のリースリングのワインなどとも合わせられますね。(個人的に管理人はこのシュクルートが好きで、味はさておき豚肉とキャベツが食べられるバンランス抜群の一品と思っています)

シュクルート(choucroute)★★

シャンパン

そして、とりもなおさず、フランスの代表的な飲み物といえば〚シャンパン〛ですね。発泡酒にはスパーリングワインもありますが、シャンパンと名乗れるのは、このシャンパーニュ地方の発泡酒だけです。

平たい形が「クープ」です。

シャンパン ★★★ 「クープ」

細長が、「フリュート」です。

シャンパン ★★★ 「フリュート」

キャヴィア

シャンパンとキャビア!相性にいい組み合わせと言われています。確かのこの組み合わせが美味しいです。どちらも少量ならお手頃で楽しめます。(沢山食べて飲むと高くなりますが。。。)

キャビアはフランスで養殖されています。

現在フランスはキャヴィアの養殖で世界第2位までなりました。

ギャラリー・ラファイエットデパートの「カスピア」というカフェ・レストランで割安でキャビアが食べられます。↓

パリのレストランのおすすめ!オペラ座近くの10店に実際に行ってみた

ビスケット・ローズ

ビスケット・ローズ・ドゥ・ランス★★★

そして、シャンパンの生産地のランスという都市にある、〚ビスキュイ・ローズ・ドゥ・ランス〛というお菓子です。なんと18世紀から作られているのです。シャンパンのお供に最適のお菓子です。

ローズというくらい、ピンクの色目で、表面に粉砂糖をふっています。このお菓子で、シャルロット(中のクリームを棒上のお菓子で囲んだケーキ)を作っても綺麗です。

フランスのスーパーで売っています。

パリ。。。

クロック・ムッシュー

お疲れ様でした。フランスを一周してパリに到着しました。

首都のパリはガストロノミーと言って、世界中のお金持ちが集まる都市ですが、ご当地の料理というのはありません。。。

あえていえば、〚クロック・ムッシュー〛があります。

クロック・マダム(Croque Madame)★★

クロック・ムッシューとクロック・マダムの二つがあるのですが、マダムの方は卵付きです。作り方は、バターをひいたフライパンで角パンの両面を焼いて、角パンに溶かした刻みチーズとハムをのせ、コショウをふりかけ、目玉焼きを載せて完成です(^^♪

喫茶店で、注文するときに、メニューにクロック・ムッシューしかなくても、「クロック・マダム シルブプレ」と注文すれば、目玉焼き付きにして作ってくれる筈ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フランス全国の料理やらお菓子~ワインをご紹介しましたが、ご当地料理は数が少ないです。

  • コッコ・ヴァン
  • ブフ・ブルギニュン
  • ブランケット・ドゥ・ヴォ―

などは名前が有名ですが、郷土料理ではないのですね。。。特にブルギニュンというと、ブルゴーニュ地方のものとばかり思いすが、地方特産というのではありません。

その点、お菓子や飲み物はその地方の特産が多いです。ムスカデの白ワインも日本では有名ではないですが、西海岸のナント地方のものですね、安くて辛口でカキと良く合います(^^♪

ブルターニュ地方のクイヤマンなどは、フランス料理のコースにでてくるデザートではないのですが、とても個性的で美味しいお菓子です。

そして、世界3大珍味といえば、

  • キャヴィア
  • フォアグラ
  • トリュフ

ですが、フランスは頑張って、キャヴィアの養殖を進めています。こうなってくるとまさに、美食の国ですね(^^♪

代表的なフランス料理の名前はこちらの記事にまとめました↓。

➡ フランス人が好きな代表的な料理料理!おすすめ定番15選ご紹介します。

 フランス料理のメニューの名前!前菜からデザートまで総まとめご紹介

あわせてご覧楽くださいね(^^♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事