フランス人が好きな代表的料理!おすすめ定番15選ご紹介します!

スポンサーリンク

星付きのレストランの料理は美味で、盛り付けも味付けも洗練されていてケチのつけようがないですよね。

でもお値段が高いですし、フランス国民がすべて食べにいけると言うものでもありません。

ですので、フランスの代表的な料理といえば、一般庶民も含め平均的なフランス人が食べる料理になります。

そこでフランス人が好きな、代表的な料理をご紹介したいと思います。

町を歩いていてお肉屋さんの前を通って、鶏肉のグリルの匂いなどは、いかにもフランスの香りです。

フランスはヨーロッパで真ん中にある国で、移民の数も多く、北アフリカの料理も多く、それらもフランスの代表的な料理です。

それでは、高級レストランとは違う、「肉じゃか」とか「親子どんぶり」にも相当する、代表的な料理、15選ご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめフレンチ代表的な料理15選

①『エスカルゴ・ブルギニョオン』

一番にご紹介したいのは、ブルゴーニュ風エスカルゴです。

ブルゴーニュ地方はエスカルゴ(カタツムリ)の名産地で、カタツムリの殻にエスカルゴを詰めてから、バターに刻んだパセリを詰め込んでオーブンで焼いたものです。

カタツムリは、匂いが気になる方もいらっしゃると思いますが、パセリを入れているので、無臭に近いです。

これに白ワインを一緒の食べると、美味しいのですね(^^♪

エスカルゴ・ブルギニョン( escargot bourguignonブルゴーニュ風エスカルゴ)

②〚スープ・ドゥ・ポワソン〛

スープ・ドゥ・ポワソンは魚のスープで、エシャロット、玉ねぎなを鍋で炒めてから、白身魚を煮てスープ煮にしてからミキサーなどで粉砕したスープです。

煮込んだスープを〚ざる〛で濾して、塩・コショウ・タイムで味付けをしています。色は黄色で、魚の色だけではなくサフランも加えています。

付け合わせには、きざみチーズと、クルトンと言って一口サイズにしてオリーブオイルで焼いたフランスパンを沈ませて食べます。

素朴な料理で、夏冬関係ない料理です。

スープ・ドゥ・ポワソン (soupe de poisson 魚のスープ )

③『ブフ・ブルギニョン』 

ブフ・ブルギニョン は牛肉の赤ワイン煮込みです。

エシャロット、玉ねぎと牛肉の筋肉などのあまり肉を赤ワインで煮込んだ、どちらかこれも庶民的な冬の煮込み料理です。

ブルギニョンは、ブルゴーニュ地方のという意味ですので、使われるいるワインがブルゴーニュ産でなくても良いのですね。

ブルゴーニュワインは比較的値段が高いのですの、コート・ドゥ・ローヌなどを使うことが多いですね。

ブフ・ブルギニョン (boeuf bourguignon牛肉の赤ワイン煮込み)

④『コンフィ・ドゥ・カナール』

コンフィ・ドゥ・カナール は鴨のコンフィ です。

鴨は日本では、かも南蛮うどんなどで、食べますが、肉の丸ごとがあまり機会がないですが、フランスでは非常にポピュラーなお肉です。

鴨肉に塩コショウをまぶして、ニンニクとタイム、ロリエをふりかけ、たっぷりの鴨の油脂で鍋の中で弱火で約3時間煮ると、ケンタッキー・フライドチキンのようにカラカラに焼き上がります。

コンフィ・ドゥ・カナール (confit de canard鴨のコンフィ )

⑤『ブシェ・ア・ラ・レーヌ』

ブシェ・ア・ラ・レーヌは女王のパイのクリームかけです。

パイ生地を何枚か重ねて、真ん中をくりぬいてオーブンで焼き上げ、その上にトリ肉や内臓とマッシュルームを煮込んで、ベシャメルソースと合わせてたっぷりとかけます。

「bouchée à la reine ブシェアラレーヌ」は女王の一口パイと訳すのが一番正確です。

レストランで必ずメニューに入っているというものではありませんが、これも代表的な料理ですね。

ブシェ・ア・ラ・レーヌ(bouchée à la reine女王のパイのクリームかけ)

⑥『ブランケット・デゥ・ボー』

ブランケット・デゥ・ボーは、仔牛のクリームソース煮です。

仔牛の肉を最初にお湯であく抜きをするので、生クリーム料理ですが、あっさりとしています。

人参、セロリ、玉ねぎなどの野菜と、あく抜きした仔牛の肉を1時間ほど煮込み、味付けは生クリームと卵の黄身とサッと煮込み、使合わせはマッシュルームなどが良いですね。

このブランケット・ドゥ・ボーは、パルメザンチーズで煮込んでいます。(^^♪

ブランケット・デゥ・ボー(blanquette de veau 仔牛のクリーム煮)

⑦『シュクルート・アルザシエンヌ』

シュクルート・アルザシエンヌは、アルザスのシュクルートです。

細切りにして酢漬けにしいたキャベツと、ジャガイモ、フランクフルトなどを酢を入れたスープで煮込んだアルザス地方の家庭料理です。

アルザス地方の料理ですので、クリームやバターを使わない、野菜や肉の色がそのままでる料理です。キャベツはハムの下に沢山あります!

シュクルート・アルザシエンヌ(choucroute alsacienneアルザスのシュクルート)

⑧『マグレ・ドゥ・カナール』

マグレ・ドゥ・カナールは鴨の胸肉のローストです。

鴨の胸肉に塩コショウで味付けをして、その肉自体の脂でフライパンで焼いて出来上がりです(^^♪ 味付けのソースにはハチミツが入っているのでソースが甘くなります。

鴨のコンフィと同じくらい人気のある料理です。

フレンチは、お砂糖を料理に使わないのが基本ですが、このマグレ・ドゥ・カナールはハチミツソースで、例外的ですね(^^♪

マグレ・ドゥ・カナール (magret de canard 鴨の胸肉のロースト)

スポンサーリンク

⑨〚タルタール・ドゥ・ブフ〛

タルタール・ドゥ・ブフは 牛肉のタルタルステーキです。

フランスのカフェやレストランで、やたらと生肉料理をみてびっくりすることはないでしょうか?

フランス人は本当に生肉料理が好きですね。牛肉を粗いみじん切りにし、オリーブオイル、食塩、コショウで味付けし、 タマネギ、ニンニク、ケッパー、ピクルスのみじん切りなどの薬味と卵黄を添えます。

それに付け合わせは、フライドポテトです。タバスコをたっぷりかけて食べるとまた美味しい!

タルタール・ドゥ・ブフ(tartare de beouf 牛肉のタルタルステーキ)

⑩〚ムール・マリ二エール

ムール・マリ二エールはムール貝のワイン蒸しです。すでにもうムール・マリ二エールと呼ばれていますね。

鍋でエシャロトや玉ねぎを最初に炒めてあとに、洗ったムール貝と白ワインを入れて蓋をして10分位煮て、生クリーム、みじん切りのパセリ、塩コショウをかけて少し煮ると出来上がりです。

付け合わせは、やはりフライドポテトですね(^^♪

カフェでよく出るフランスの定番の料理です。

ムール・マリ二エール( moule marinière ムールマリニエール)

⑪『カスレ

カスレはトゥールーズ細長のソーセージ、いんげん豆と鴨のコンフィの煮込み料理です。

インゲン豆とソーセージを煮込んだ、ずっしり感がある料理で、いまボディーコンシャスな人が多いと、人気がなくなると思いますが、カスレの人気は衰えません。

このカスレは南仏に行くか、南仏料理専門店に行かないと食べられないのですが、稀にカフェでも作っている時があります。そんな時は是非ご賞味を(^^♪

カスレ (cassoulets)

⑫『クスクス』

クスクスは北アフリカ料理で、パンの代わりにスムルという細かい麦のようなものと一緒に食べます。

付け合わせの肉は、野菜をトマト味で煮込んで、鳥、メルゲズのソーセージと一緒に食べます。北アフリカ料理ですが、フランスどこでもこのクスクスは作られています。カフェでも頻繁にでてくる料理ですよ。

クスクスは、使合わせの野菜には5種類くらい入っていて、お肌にも良さそう。

すごく庶民的な料理で、栄養バランス抜群の料理です(^^♪

クスクス (cousous)

真ん中の右が「スムル」で、蒸気で炊き上げます。レーズンと、ひよこ豆が付きます。

⑬『ファオグラのミ・キュイ』

ファオグラのミ・キュイはフォアグラのテリーヌです。

缶詰を切ってそのまま出す場合もありますが、肝臓の質次第と言われ、生産者の腕の見せ所ですね(^^♪ フランスの西南がファオグラの産地です。

フォアグラは酢と砂糖で野菜や果物を煮込んだ〚シュトゥネイ〛で食べるのが美味しいです。

ファオグラのミ・キュイ(foie gras ファオグラのテリーヌ)

⑭『エスカロープ・ノルマンド』

エスカロープ・ノルマンドは、仔牛のノルマンディー風ソース添えです。

フランスの北のあるノルマンディー地方の典型的なカルバドス酒でデグラッセして作った料理です。

バターと生クリームを使った、北フランス料理です。

南の『カスレ』対北の『エスカロープ・ノルマンド』というところでしょうか。

仔牛フィレ肉のエスカロープのノルマンディー風ソース(escalope de veau à la normande)

⑮『キッシュ・ロレーヌ』

キッシュ・ロレーヌは、アルザス、ロレーヌ地方のキッシュです。

パイ生地を下に敷いて、卵にベーコンなどをまぜオーブンで焼いた、素朴な家庭料理です。

キッシュは、パン屋さんでも売っていて、ピクニックなどでも見かけるものですが、晩御飯にも登場する、人気の料理です(^^♪

キッシュ・ロレーヌ(quiche lorraine)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

有名シェフのレストランの料理とはやはり違って、素朴なものが多いですが、これらがフランスでたべられている伝統的な、日常的な料理です。

こうしてみてみると、煮込み料理が多いです。

今回この中にいれませんでしたが、『パテ・デゥ・カンパーニュ』や『リエット』もフランスの家庭料理で、フランス人家庭の冷蔵庫の中には入っていそうなものですね。

ご参考になれば幸いです(^^♪

今でこそ雑誌の表紙を飾っている数々の有名フレンチシェフがいますが、今から50年前はシェフの名前に関心を持つ人も無かったのです。 有名フ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事