管理人プロフィール

こんにちは、Sakurakoです。

フランスパリ在住になり、早20年近くが過ぎアラフィフになりました。

最初はどのくらいこのパリに住むのかと不確定要素が多く不透明でしたが、生活にも慣れ、このまま年金生活突入となりそうです。

パリに引っ越しをしてきたのは40歳になる前で、日本企業のフランス支店で就職が決まり10年以上勤務していたのですが、その後協議解雇の形をとり、ブログを立ち上げることとなりました。

ブログでは、メインにフランス料理やパリ旅行や健康についての情報をお届けしています。

パリはアラブの富豪もハリウッドスターも集うグルメな街です。ランジスという世界中の食材が集まる市場があります。

その食材を使って、星付きレストランの一流シェフが料理を展開しています。

そんなパリですが、ここ数年オーガニック品を使う傾向が増えてきています。

フランスと日本ではそう生活の面で差はなく、医療の面でも心配しないで生活できるという点があると思いますが、年収が増えても健康を害してしまっているのも事実です。

もちろん二つの国で違う面もありますが、何処に住んでいても健康には注意をして、し過ぎはありません。

アラフィフになって何が違うかというのは、お肌の曲がり角はとっくにすんで、体調が変わってきたと感じることが多くなってきました。

それに加えて家族の状況も変わり、親の介護問題もでてきて、今までの悩み(若い時は友人関係と恋愛でした。。。)とは質が違うと感じています。

親の介護は、とても労力を使います。(私だけでなく友人もそうなので、親子の関係がある時点で逆転してとても複雑になりました)

そんなこともあり、急に体調を崩して、手術をすることにもなりました。

股関節のあの激しい痛みは、経験した人でないと分からないだろうと思います。私は5年前、股関節がひどく悪くなり、手術を受けました(人工股関節置換...
管理人は50歳を過ぎて、人工股関節置換術を受ける事になりました。 原因は小さい時の脱臼で、変形性股関節症と担当医に診断をされました。い...

自分自身の体調管理はなんとかできても、親の介護は人間関係が色濃くでるもので、なかなか感情面で奮闘することになるという事もあり、ある時は冷静でいられなくなるというのも分かりました。

そして、その分体重も「ずっしり」となりました。。。体重が増える分もありますが、特に女性は、更年期というものがあります。

自分自身も更年期を迎え、骨粗鬆症や鬱とどう向き合ったら良いのか、またフランスの医師にもインタビューして、その考え方もご紹介しています。

女性の多くが経験する「更年期」。体の変化による自然な症状とはいえ、やはりいろんな不快な症状もあり、年齢を感じてしまったりで嫌なものです。 ...

歳をとる親は子供化しても、親のままでいたがるものなのですね。介護施設での問題や、老老介護の問題は後を絶ちません、これはフランスでも一緒です。

そんななか、自分の経験で少しでもお役にたつ事もあると思い、ケアマネさんや、ヘルパーさんとのやり取りもまとめています。

ヘルパーさんへ頼むことは、各親御さん(利用者)で 違ってくることもあると思いますので、 ケアマネさんと、ヘルパーステーションと 3者で面談をして、介護計画を作るということが とても大事だと思います。

私の母は現在北海道で小さなアパートに住んで在宅介護を受けていましたが、いよいよ施設に入居となりました。

施設の選びには、3年かけて約30軒ほど訪問して、選ぶ考え方をみつけることができました。そんなことも、ご参考になればと思いまして、いくつか記事を参考にしていただければ幸いです。

同じような悩みをお持ちの方に、老人ホームの種類や入ることのできる人・選び方をお伝えしたいと思います。親を施設に入れるのに抵抗がある場合もありますが、家にいると転倒などの事故がやっぱりおきます。基本的には業者さんと提携しているホームを優先的に見学できますが、もし提携していないホームの方が条件に合うという場合は、直接電話をして見学に行ってみましょう(^^♪

また、パリのグルメ情報と一緒に日本で買える食材についてもお伝えしています。色々なフレンチの食材が日本でも通販で買えます。

私が小さい時とは時代も違って日本中どこでも、世界中の商品が手に入るようになったのは、うれしいことです。

楽天で買えるリーズナブルな商品はいくつかご紹介しています。同時にパリのスーパーで値段がいくらするのかも入れています。値段はチェックしてから買ってくださいね。

もし何か質問があれば、ご遠慮なくどうぞ連絡して下さい。

フランス語の勉強の仕方なども、なるべく記事をアップしていきたいと思っています。

ご連絡は

sakurakodesuxyz★gmail.com まで

お手数ですが★を@に変えて送って下さい。

Sakurako

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする