管理人プロフィール

スポンサーリンク

こんにちは、Sakurakoです。

早いもので、パリ在住となり早20年近くになりました。

40前に2度目の渡仏をし、日本企業のフランス子会社で就職が決まり10年以上勤務していたのですが、その後協議解雇の形をとり、苦渋を感じる絶望を経験することになるとは思っていなかったのですね~。

精神的にダメージも大きく、それからいくつか再度就職もできたのですが、50歳も過ぎて働くには、オートアントロプルナーという形態が便利です(^^♪

そこで、ブログを立ち上げることとなりました。

ブログでは、メインに

フランス料理

パリ旅行

健康・化粧品

についての情報をお届けしています。

現在私はフランスへ居ながら、親の介護もしつつ日本へおりをみて帰省しています。そんな中、日本の老人ホームについても、調べたこともお届け出しています。

日本とのフランスの往復も大変で、ある時点で急に体調を崩して、手術をすることにもなりました。

股関節のあの激しい痛みは、経験した人でないと分からないだろうと思います。私は5年前、股関節がひどく悪くなり、手術を受けました(人工股関節置換...
管理人は50歳を過ぎて、人工股関節置換術を受ける事になりました。 原因は小さい時の脱臼で、変形性股関節症と担当医に診断をされました。い...

自分自身の体調管理はなんとかできても、親の介護は人間関係が色濃くでるもので、なかなか感情面で奮闘することになるという事もあり、ある時は冷静でいられなくなるというのも分かりました。

そして、その分体重も「ずっしり」となりました。。。体重が増える分もありますが、特に女性は、更年期というものがあります。

自分自身も更年期を迎え、骨粗鬆症や鬱とどう向き合ったら良いのか、またフランスの医師にもインタビューして、その考え方もご紹介しています。

女性の多くが経験する「更年期」。体の変化による自然な症状とはいえ、やはりいろんな不快な症状もあり、年齢を感じてしまったりで嫌なものです。 ...

歳をとる親は子供化しても、親のままでいたがるものなのですね。介護施設での問題や、老老介護の問題は後を絶ちません、これはフランスでも一緒です。

そんななか、自分の経験で少しでもお役にたつ事もあると思い、ケアマネさんや、ヘルパーさんとのやり取りもまとめています。

ヘルパーさんへ頼むことは、各親御さん(利用者)で 違ってくることもあると思いますので、 ケアマネさんと、ヘルパーステーションと 3者で面談をして、介護計画を作るということが とても大事だと思います。

私の母は現在北海道で小さなアパートに住んで在宅介護を受けていましたが、いよいよ施設に入居となりました。

施設の選びには、3年かけて約30軒ほど訪問して、選ぶ考え方をみつけることができました。そんなことも、ご参考になればと思いまして、いくつか記事を参考にしていただければ幸いです。

同じような悩みをお持ちの方に、老人ホームの種類や入ることのできる人・選び方をお伝えしたいと思います。親を施設に入れるのに抵抗がある場合もありますが、家にいると転倒などの事故がやっぱりおきます。基本的には業者さんと提携しているホームを優先的に見学できますが、もし提携していないホームの方が条件に合うという場合は、直接電話をして見学に行ってみましょう(^^♪
母の介護を始めて7年になり、この度母が老人ホームへ入居することになりました。 親がホームへ入居するには、子供の側からすれば色々な思いが...

また、パリのグルメ情報と一緒に日本で買える食材についてもお伝えしています。色々なフレンチの食材が日本でも通販で買えます。

私が小さい時とは時代も違って日本中どこでも、世界中の商品が手に入るようになったのは、うれしいことです。

楽天で買えるリーズナブルな商品はいくつかご紹介しています。同時にパリのスーパーで値段がいくらするのかも入れています。値段はチェックしてから買ってくださいね。

もし何か質問があれば、ご遠慮なくどうぞ連絡して下さい。

フランス語の勉強方法などは、もう一つのブログでお伝えしています。

フランスからのアンフォ

ご連絡は

sakurakodesuxyz★gmail.com まで

お手数ですが★を@に変えて送って下さい。

Sakurako

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする