フランス料理のピューレはムスリンとどう違う?食感の違いでアレンジ

スポンサーリンク

フレンチの飾り付けは今随分と進化していきていると感じますね。

フランス料理と言えば、ジャガイモのピューレがガルニチュール(付け合わせ)でも多いですが、ジャガイモ以外の野菜もピューレに使われています。

ジャガイモの次に多いのがニンジンです。

ニンジンは、やはり見た目が綺麗ですから、味もそうですが、ガルニチュールにはピッタリの素材です。

ピューレは、その素材によっては、それぞれの素材だけで作られますが、ムスリンというガルニチュールは、その食感で人気のガルニチュールになっています。

イスラエル教のことを、ムスリムとフランス語でいいますが、ムスリンは別物で、料理用語です(^^♪

では早速、ピューレとムスリンの違いを見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

ピューレとムスリンの違い

まずは、ピューレとムスリンの違いについてですが、はっきりとした違いはないのです。

しかし、何故混同されるようになったか、はわかりました。

ピューレの意味

ピューレの意味は、皮を剥いてつぶした野菜です。その上に網でこしたり、ハンドミキサーなどで仕上げるものもあります。

野菜の中でも特にジャガイモはピューレでよく使われます。

ムスリンの意味

ところが、ムスリンの意味は定義がありません。しかしこのムスリンという言い方は、フランスで、「マギー」というブイヨンの会社が、ムスリンというジャガイモのピューレを発売しました。

そのパッケージに、ムスリンとかいてあります。

それ以来、ピューレのことをムスリンと呼んでいます。

ですので、同じジャガイモでも、ピューレと読んだりムスリンと呼んだりとなってしまっていますので、はっきりしません。

つまりは好みでどっちでもいいということになります。

ただ、一般的にジャガイモはピューレといい、ムスリンということはこのマギーの製品以外では稀です。ピューレにはジャガイモが一番多く使われますが、他にもピューレに使われる野菜はあります(^^♪

ピューレに使われる野菜

ジャガイモの他で、次に使われるのが、ニンジンです。

ニンジンは、見た目がなにせ綺麗で、プレゼンが綺麗にできます。

その他に、ピューレに使われるのが、ほうれん草です。色の対比がしやすいです(^^♪

ニンジンの場合は、下に敷くということはないですが、ホウレンソウを下に敷いてその上にメインを乗せるというのが、多いですね。

ホウレンソウのピューレは、ニンジンよりちょと高級になります。野菜が高級かそうでないかということより、ホウレンソウのピューレは、高級店で出されています。

ムスリンに使われる野菜

ムスリンとピューレの違いははっきりしていませんが、「ムスリン」とレストランのメニューに出ている野菜の中で多いのは、サツマイモです。

サツマイモは、ジャガイモのように、まったり感を出せる食材で、盛り付けがより簡単ですね。

先ほどのニンジンは、このもったり感がでませんので、デザインをするにはサツマイモが向いています。

同じサツマイモでも、このくらい繊細に仕上げているものがあります。

素材でいえば、ジャガイモはピューレと言われますが、このように繊細なまでに絹ごし豆腐のようになっているピューレもあります。


こちらのピューレもムスリンに違い食感ですので、ピューレとムスリンの違いはありますが、ある意味で、作り方次第ともいえそうですね。

まとめ

ピューレとムスリンの違いをまとめましたが、いかがだったでしょうか。

今はどちらかというと、このムスリンの名前で出しているレストランが多いです。

美味しい料理もそうですが、それ以上に演出が大事になっていますので、このムスリンという表現がいまの時代にマッチしているのかと思います。

食べた感じも、絹ごし豆腐のようで、舌にまろやかに感じます。

また、作り方も、サツマイモをつぶして、牛乳をいれて混ぜるだけですから、簡単です。

あとはどのくらいまで、滑らかにするかです。

滑らかにするには時間がかかりますが、難しいものではなく、あとは飾りつけで腕の見せ所と言えます。

おもてなし料理にはぴったりと思います(^^♪

ご参考になれば幸いです。

カマンベールチーズといえば、フランスチーズの中でも一番名前が知られたチーズです。 食べ方としては、フランスパンに挟んだり、サラダに入れ...
クリスマスのメインディッシュに鶏の丸焼きをと考えている方も多いのではないでしょうか。 丸焼きって面倒だし、焼き方を間違えると美味しくな...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事