キッシュ具材のおすすめ!フランスのキッシュはサレ?

スポンサーリンク

キッシュといえば家庭料理の典型で、キッシュ・ロレーヌの名前は有名です。

フランスではお昼時間にサンドイッチを食べながら移動している人を見かけるくらい、サンドイッチは手軽なものとして、よく食べられいます。

しかし、このキッシュは、実はサンドイッチと同じくらいに、パン屋さんのランチメニューにもありますし、作るのが大変簡単で、家庭料理として良く登場するものです。

キッシュの名前は、「キッシュ・ロレーヌ」が有名ですが、野菜を沢山いれたものもあり、具材は本当に色々です。

そこで、この記事では、キッシュに使う具材をご紹介します。

具材としては、「サレ」といって、ベーコンなどを使った塩味のキッシュが主流です。

具材に果物もいれるとほんのりと甘くなり、かといって料理としてのメインにもいけるものです。

キッシュの果物を使ったアレンジをご紹介します。

では早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

キッシュの食べ方

キッシュは、おやつというよりメインディッシュです。ですので、味は塩味です。

塩味にしていて、特に塩を沢山いれていなくとも、ベーコンが入っているとそれだけで、日本の砂糖が入っている卵焼きとは違います。

このキッシュは、キッシュ・ロレーヌと言います。

ロレーヌは、フランスの東部の地域で、アルザス地方の隣にあります。ストラスブールがある地域で、キッシュにロレーヌの名前がついているからと言って、なにか特別に東部の名産の具材が入っているわけではないのです。

味は、このキッシュ・ロレーヌに限らず、塩味が効いていますので、フランス語で「サレ」と言って、砂糖などは入れていない、いわゆる「おかず」です。

ですので付け合わせはサラダが多いです。

フランスではキッシュの他には、卵料理のオムレットがあります。

このようなオムレツも、塩味で、「サレ」です。

別記事で、パンペルデゥの「サレ」をご紹介しました。

パンペルデゥにしても、おやつでない塩味で食べると、付け合わせにサラダと一緒に食べます。

では、キッシュの具材を見てみましょう(^^♪

キッシュの具材

典型的なキッシュは、ロレーヌの名前で知られている、キッシュ・ロレーヌです。

【キッシュ・ロレーヌ】

材料は、

  • 生クリーム
  • 刻みチーズ
  • ベーコン
  • 玉ねぎ
  • パイシート

といったものです。

凝固するには、卵ですが、刻みチーズもはいっていますので、オーブンで焼くと固まります。

また生クリームが入っていますので、クリーミーになります。

その他に、

【キッシュ・エピナール】

ほうれん草のキッシュです。

【キッシュ・ポワロー】

ネギのキッシュです。

キッシュのレシピ

キッシュは、簡単に作れます。オムレットはひっくり返すが微妙に難しいですが、キッシュは材料を混ぜて、オーブンで焼くだけです。

上の章で、キッシュ・ロレーヌのレシピをご紹介しましたので、キッシュ・オ・ポワローのレシピを見てみましょう。

材料は、

  • 卵     3個
  • 生クリーム 200㎗
  • 刻みチーズ 100グラム
  • 長ネギ   200グラム 
  • ベーコン  100グラム
  • パイシート 1枚

パイシートをタルト形に敷き詰め、パイシート以外の材料を全て混ぜます。

混ざったら、シートの中に流し込み、200度に温めておいたオーブンに入れ、約30分焼きます。

微妙に部屋の温度や、冬と夏では焼き時間が違います。オーブンの前で焼き時間を調節するのがいいです。

出来上がりは、お好みの大きさに切ってもりつけます。

その他の具材で、黒サクランボでキッシュを作ってみました。

果物として、黒サクランボの他に、イチジクを入れました。

黒焼き上がりは、かなりワインカラーになります。

果物をいれる場合は、果汁が少ないものがいいです。

メロンとかスイカはダメですね。。。

黒サクランボは、デザートにも使われることが多く、クラフティというデザートなら、大体この黒サクランボが多いのです。

デザートにすれば、もちろん味は甘味のスックレ(sucré)になります。

でも、キッシュならあくまでも、味は塩味で、ベーコンを入れると100グラムで2グラムは塩が入っていますので、砂糖をいれると変な味になります。

この黒サクランボのキッシュは、ネギや果物が一緒に食べられるので、なかなか健康にもいいなと思っています。

お薦め強です(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか、サレのキッシュをご紹介しました。

キッシュは基本的に塩味で、ご飯です。

具材としては、

  • ベーコン
  • 刻みチーズ

が入っていて、サラダと一緒に食べるのが普通です。

フランスでは簡単に食べたい場合は、サンチサンドも多いですが、キッシュもパン屋で売られています。

フランスパンのサンドイッチのようにかさはないのですが、卵とチーズが入っているので小さくても、お腹が一杯になります。

キッシュは、キッシュロレーヌが有名ですが、その他に、ネギやほうれん草のキッシュもレパートリーにあります。

今回は、それで黒サクランボのキッシュをご紹介しました。デザートにように甘いものを食べなくない、しかし、果物のようなもので食事をしたいというときには、とても便利な食材です。

ぜひ楽しんで下さいね(^^♪

パンペルデゥというデザートを聞いたことはあるでしょうか。 フランス語なのですが、こんな名前になっているのには曰くがあります。 和...
ブーダンノワールのソーセージと言えば、「ちょっと。。。」と腰をひいてしまうそうな色目で、どんな材料できているのかと不思議に思いますね。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事