カロリーゼロジュースでも太るという不思議!調べたら謎がとけた!

スポンサーリンク

喉が渇いた時、一杯のジュースやコーラは本当に美味しいですよね!

ジュースやコーラにもたくさんの種類がありますが、特にラインを気にする方が選ぶジュースは「ゼロカロリー」や「カロリーオフ」のものではないでしょうか。

砂糖が入ってないのに適度な甘さがあって美味しく、体型をキープしたい人には最適です(^^♪

太らないと誰もが思います。

でも、ちょっと待って! ゼロカロリーのジュースが必ずしも太らないものではない、ということも言われています。そしてゼロカロリーのジュースを飲んでいる人が瘦せていっているわけではないのですね。

今回は、そんなゼロカロリーのジュースの瘦せない謎に迫ってみます。調べていくうちに、いろんなことがわかりましたよ!

では早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

カロリーゼロジュースが太る理由

「カロリーゼロ」を謳っているジュースのメリットは、文字通りカロリーが無いこと。通常は砂糖を使いますが、その代わりに、カロリーの無い「人工甘味料」を使っているということです。

通常の白砂糖ならカロリーがあります。しかしカロリーゼロと書いてあるので、カロリーはゼロです!

ですのでカロリーがないということは「太らない」となります。

ところが、太らないと思ったカロリーゼロのジュースで肥満につながることがあるんです。

そこには以下の2つの大きな理由がありました。

理由① 人工甘味料が食欲を増進させるから

ジュースですので甘みがあります。通常の砂糖の代わりに使っているのは人工甘味料です。

カロリーがゼロですので、太らないと思いますが、実は人工甘味料には食欲を増進させる作用があり、結果的に食べ過ぎになりやすいことが分かってきました。

人工甘味料が脳を誤動作させるメカニズム

人工甘味料も進化し、カロリーゼロのジュースが作れるようになりました。

天然甘味料の甘みには、一般的に糖と呼ばれるオリゴ糖やブドウ糖、また、砂糖やはちみつなどがあります。

これらの砂糖は値段が高いのです。それで人工的に合成した甘味料(人工甘味料)をジュースに使うことで、原価を安くしています。

人工的に合成したもの(人工甘味料)には、

  • サッカリン
  • アスパルテーム
  • ネオテーム
  • アドバンテーム
  • アセスルファムカリウム
  • スクラロース

などがありますが、一番使われているのがアスパルテームです。

なにせカロリーゼロです。また糖類ゼロと書けます。これは素晴らしいのですが、落とし穴があります!

どういうことかというと、人工甘味料のジュースを飲むと、脳は砂糖と認識します。

カロリーがゼロの人工甘味料だと、砂糖を体に入れたはずなのに、エネルギーがゼロですので、エネルギーを取り込めと脳が指令を出すと言っています。

ところが体自体は、カロリーゼロですので、カロリーを取り込めないので、次に食べるものや、飲むもので、入ってこなかったカロリーを体に摂取するようにと脳が指令をだし、食欲がわいてしまいます。

結果、逆に食欲をだして、結局必要以上の物を食べることになってしまうという怖さです。

【アプルトン教授による研究について】

カロリーゼロの飲み物を飲むと、痩せるどころか食欲を増進させると検証した大学教授がイギリスにいます。

英・ブーヌムース大学のカトリーヌ・アプルトン教授で、人工甘味料の影響を20年以上も研究している方で、この研究では第一人者です。

【アプルトン教授のサイト】↓

https://staffprofiles.bournemouth.ac.uk/display/kmappleto

フランスでも、「砂糖」が体に悪いと思う人は増えていますし、いろいろなドキュメンタリー番組が放映されました。

フィガロという大手の新聞でも取り上げられたドキュメンタリーで「Produits lights : la vérité sur les faux sucres、ライトな商品、人口砂糖の真実」が紹介されました。

その中でアプルトン教授は各国を周り、人工甘味料の入った飲み物を飲んだ後の食欲を検証していました。

実験は、日常的にジムに行って体を鍛えている若者約12人に参加してもらいました。30分、ジムで走ってもらい、その後に4人ごとのグループに、

  • 砂糖入りのジュース
  • 人工甘味料のジュース

の3種類を飲み、その後に食事をして、食欲を比較する実験でした。

砂糖が入っていない「ライト」な人工甘味料飲料を飲んだグループだけが、あっと言う間に、ハンバーガーやフライドポテトを平らげる、結果でした。

さらにそれでも満腹感が出ずに、他のグループの余り物を食べたのです。

カロリーが無いジュースを飲んだグループは、2000kcalの食べ物を7分でたいらげていました。2000kcalと言うと、1日分の必要エネルギーです。

「カロリーゼロのジュース」を飲むと、食欲が出るのもそうですが、1缶のジュースを飲むと、2缶目も飲みたくさせる作用があるようで、結局沢山飲んで太ってしまうようです。

イギリスだけではなく、この「カロリーライト」の飲み物の影響は研究されています。

アメリカのインディアナ州のパーデユ大学のスーザン・スイサー教授もアプルトン教授の報告と同様に、ライトというゼロカロリー飲料が体重増を示す文献を発表しています。

【スイサー教授のサイト】↓

https://www.purdue.edu/newsroom/releases/2013/Q3/prof-diet-drinks-are-not-the-sweet-solution-to-fight-obesity,-health-problems.html

実際に、カロリーゼロの商品を日常的に飲んでいるなら、瘦せていくはずですが、世の中には太ってきている人が増えています。

そこで、これらの教授が研究と検証を始めたというわけです。

カロリーゼロジュースが太るもう一つの理由はこちらです。

理由② カロリーが完全にゼロではないケースがあるから

ペットボトルに、「カロリーゼロ」と書いてありますので、カロリーが無いと思いますが、実はそうではなく、いくらかは入っているのが現状です。

厚生省のガイドラインににより、100ml当たり5kcal未満であれば「ノンカロリー」と表示できます。

厚生省のサイトには以下のように記載されています。

なお「ノンカロリー」「低カロリー」「ノンシュガー」「微糖」などの表示は、栄養成分表示において規定があります。必ずしも0kcal・砂糖0gとは限らないことを理解しておきましょう。

引用先 : 厚生省 嗜好飲料

つまり、100ml当たり5kcalですので、500mlのベットボトルだと約25kcalを摂取することになります。

理由③ 腸内フローラのバランスを変えるケースがあるから

腸内環境には、「善玉菌」と「悪玉菌」があり、「善玉菌」主に健康維持に貢献し、「悪玉菌」は害を及ぼします。腸内環境は一般に菌の花畑にたとえられて「腸内フローラ」と呼ばれています。

健康な腸内では、乳酸菌のような善玉菌が悪玉菌が増えるのを抑えたり、善玉菌は、有害物質を体外に排出するのを助ける作用もあります。

腸内の菌のバランスが崩れると、悪玉菌が増えて、代謝能力が低下してしまいます。

その他には肥満を引き起こす「デブ菌」も増えると言われています。

人工甘味料は、腸内フローラのバランスを悪くするリスクが高く、「ライト」商品やゼロカロリーものは、瘦せないどころか、かえって太ってしまうのです。

瘦せたいから、カロリーゼロジュースを飲んでいたわけですが、宣伝どおりには瘦せないどころか、体調を壊して逆に太ってしまっていました。

スポンサーリンク

人工甘味料の他の害は?

人口甘味料が入っているものは、悪いという認識は随分と広まっています。

人工甘味料入りの飲み物を飲みすぎると、

  • 頭痛
  • 腹痛
  • めまい
  • イライラ
  • 早産
  • 子供の脳細胞の破壊

など、健康被害があると警告されています。

その他に、ガンになる危険性も指摘されています。

アルコールやたばこは害があると認識が統一していますが、まだ人工甘味料入りのジュースについては、万人が危険だと感じていないのが現状です。

危険が特にあるのはアスパルテームという人工甘味料です。

しかし1995年から警告はされていますが、ライトな飲料水がスーパーの陳列棚からなくなりません。

スーパーに行けば、沢山の商品があり、ライトの商品はやはり魅力的で、値段が安く、美味しそうで売れています。

太らない飲み物を消費者が欲しい限り、アスパルテームが入っている商品をメーカーが製造するという悪循環になってしまいます。

カロリーゼロの飲料以外の飲み物は?

人工甘味料が入っていれば食欲も出てかえって太ってしまいそう。ではそれ以外の飲み物はどうなのでしょう?

オーガニックのジュースは?

フランスでもオーガニックの商品は沢山出回っています。フランスでは「BIO」と言っています。クッキー、お米、小麦粉、ワインやジュースにこのBIOがついる商品が人気です。

背景には消費者が、BIOがついていれば体に良くないものが入っていないという先入観があるようです。

飲み物の砂糖の量の表記は、英語やフランス語表記では、「炭水化物」ではなく、「Glucides」となっています。

砂糖の量は、100mlで10mlで、42kcalです。

乳酸菌飲料は?

乳酸菌飲料で有名なところで、ヤクルトを例に取りますが、

100mlで15gですので、先ほどのオーガニックのジュースより多めの砂糖の量になってしまいます。

ヤクルトはシロタ菌が売り物で、健康飲料水と思いがちですが、砂糖の量の面では怖いですね。

スポンサーリンク

お茶は?

では「お茶」はどうなのでしょうか。

紅茶にはミルクや砂糖が入っているのがほとんどですし、日本の緑茶のペットボトルであれば、砂糖は入っていません。

しかし海外のお茶にはほとんど砂糖か人工甘味料が入っています。

明日から水を飲めるという人は別ですが、甘味料断ちというのもとても難しいようですね。

【管理人の親戚の話】

管理人の親戚ですごく太っている叔母がいます。叔母の家の冷蔵庫の中にはいろんなジュースが入っていて、1日に何本か飲んでいます。

ジュース体質になったからか、おやつをよく食べるので、三度のご飯をあまり食べません。何度も叔母に、ジュースがいけないと言っても、ジュースで太るというのが、どうもピンとこないようで、「私はご飯でそんなに食べていないのよ!」と言って、毎年太っていっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ジュースは飲む癖が一度つくと、習慣を変えるのはとても難しいです。

健康被害について研究報告も出されていますが、依然スーパーにはジュースが陳列棚に置かれて、一番人気の商品です。

「太らない飲み物を飲みたい」という消費者の欲求は根強いものがありますね!

そんな「痩せたい!」という心理をついて、カロリーゼロのジュースが売れるのでしょうし、明日にもスーパーからは消えないのでしょう。

おすすめはもちろん水や果物ですが、果物を食べるより、ジュースの飲む方が手軽です。

ジュースがなくなり水だけがスーパーに置かれる国もないと思いますので、「買わない、飲まない」強い意思が必要ですね(^^♪

「砂糖は体に悪い」とよく聞きます。「害がある」と聞くと、家にある砂糖を全部捨てないといけないのかと思ったことはないでしょうか? 管理人...
目指せ美肌!なにせ、肌が綺麗だと得ですよね。 朝起きて鏡を見て急に美人になっていることもないですが、肌は努力すれば綺麗になっていくもの...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事