バジルソースの使い方!ペストソースの濃淡を生かしてアレンジ!

スポンサーリンク

バジルソースは、ハーブのバジルを使ったソースです。

バジルはとりわけ色が鮮やかで、オリーブオイルと合わせて作ると綺麗なソースに変身します。

ソースはバジルを潰してつくりますが、ペストソースというのもあります。バジルだけでは腰がありません。

ソースに立体感をつけることでペストソースをつくり、綺麗な緑色のソースで素材に飾り付けをしていきます。

色も綺麗で映えます。

バジルを使ったバジルソースとペストソースを使いわけることで、盛り付けが変わります。

では早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

バジルのソースのペストソース

バジルを添えたサラダと、バジルソースをご紹介します。

サラダのバジル添え

バジルの葉はつぶして、オリーブオイルと混ぜてソースにしても美味しいですが、そのまま、バジル葉のをサラダに添えて、使っても美味しいです。

新鮮なバジルは香りがいいですので、そのままモッツアレラチーズのサラダに入れても、とても美味しいです。

サラダは、素材が命といいますが、新鮮で熟した野菜は味がしますし、色が鮮やかですね。

バジルは、綺麗な色目ですので、使う素材でペストソースにするか、また直接サラダに添えるか、アレンジのし甲斐があります。

ペストソースの料理(前菜)

バジルソースに松の実を入れて作ったソースを「ペストソース」といいます。

パスタ、モッツアレラチーズのサラダ、魚などにアレンジされています。

フレンチよりも、イタリア料理に使われることが多く、トマト&モッツアレラチーズに入れると、綺麗な演出ができます。

バジルのペストソースを、オリーブオイルの上にかけて、線を引くように入れて飾っています。

同じモッツアレラチーズ系のサラダすが、真ん丸のブラタチーズのサラダにも上からかけると、綺麗ですね(^^♪

盛り付けには、ブラタチーズの上に、ペストソースをかけ、バジルを飾り、その上にイタリアンのパルマハムを載せています。

パルマハムを少しどけると、綺麗なペストソースとバジルがが見えてきます。

ペストソースは、松の実と、パルメザンチーズが入っています。その割合が多くなると、ソースが重厚になります。

ブラタチーズを真ん中にして、ピーマンで飾り、ペストソースで円を描いてアレンジ。

固形に近い思いソースに仕上げています。

モッツアレラチーズは、大型のものを使ってロールにしても良いです。

中にサラダ菜と生ハムを入れて、1日置くと、巻き寿司のように丸っています。

ボリューム満点です。パルメザンチーズと松の実が沢山入っていいるペストソースで、絵を描きました(^^♪

同じく前菜で、サーモンのブリック添えです。

これもペストソースがオレンジソースと一緒に散りばめてサークルにしています。

ペストソースは、さほど粘りがないくらいで、軽快です。

イカとナスのマリネで、ペストソースを円で囲っています。

ペストソースの粘りがあると、綺麗な円が描けます。ナスとペストソースは相性がいいです。

ペストソースの料理(メインディッシュ)

パスタもペストソースととても相性がいいです。ペストソースはサラダの他に、パスタに使われることがとても多いです。

基本的にペストソースにはパルメザンチーズが入っていますが、大体、パスタにはパルメザンチーズを上からふりますので、ペストソースは軽めに作っています。

軽めのペストソースで、上からパルメザンチーズをふりかけて食べます。美味しいです。

そして、白見の魚にもとても合います。

オーブンで焼くときに、飾り付けをして、そのままペストソースごと焼いています。

フランスでは、ペストソースに合わせて魚はスズキがとても多いです。ペストソースは、サークル型に盛り付けると、綺麗です。

メインディッシュで、スズキのソテーをかぼちゃの上にあしらって、ペストソースでアレンジしています(^^♪

ペストソースには、スズキが多いですが、サーモンもなかなか合っています。

サラダには、パルメザンチーズのスライスを載せて、サーモンには直接ペストソースを上からかけています。

ペストソースはサラダには、もちろん合いますが、白見魚や、サーモンにも合います。

そして、飾り付けにはオリーブオイルに混ぜて、緑の色が効いたアレンジが効果的です(^^♪

ペストソースのレシピと保存方法

ペストソースのレシピ

ペストソースのレシピはそれぞれが、オリーブオイル、バジルの葉、パルメザンチーズ、松の実、ニンニクを混ぜるだけですが、ミキサーで作るのが早いですが、すり鉢でも作れます。

左のナッツは、松の実で、右はひまわりの種などが入っています。

松の実がなければ、いろいろ代用しても大丈夫です。

【ペストソースのレシピ】

オリーブオイル     60㎗
バジルの葉         50g
パルメザンチーズ  80g
松の実       10g
ニンニク             1片

ミキサーがあれば、ニンニクと、松の実とオリーブオイル半分を入れてミキサーにかけ、

それからバジルの葉と粉のパルメザンチーズをいれて、残りのオリーブオイルを入れて更にミキサーをかけます。

塩を入れるのが一般的ですが、パルメザンチーズは塩分が多いですので、80グラムものパルメザンチーズを使っていれば、塩なしで良いと思います。

ペストソースの保存方法

ペストソースは、酸化が早いです。

ですので、多めに作った時は、すぐの小瓶にいれて、蓋を閉め冷凍室で保存します。

2,3か月なら十分もちます。

使う前の2,3時間前に冷凍室から取り出して、パスタやサラダに使うと、作りたてと同じくらいの風味があります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか、バジルのペストソースを使った料理をご紹介しました。

ペストソースは、何と言っても、アレンジのし甲斐があるソースです。

緑の色が他の食材と対比をなして、綺麗な色目を演出してくれます。

作る時期は8月一杯がお薦めで、9月になると、バジルの葉もなくなりますので、スーパーで鉢を買って、作り置きしておいて、冷凍室で保存すれば、秋の間は食べられます。

ペストソースには、松の実とパルメザンチーズを入れますので、それで立体感がでます。

味も深みがでて美味しくなります。

また作ったらすぐに保存をすると、色が綺麗なまま保存ができますので、すぐに瓶に入れるのが良いです(^^♪

パンペルデゥというデザートを聞いたことはあるでしょうか。 フランス語なのですが、こんな名前になっているのには曰くがあります。 和...
モッツァレラチーズ!今すごい人気です。 フランスでもイタリアンレストランの数が増えてきています。その中で一番出されるチーズは、モッツァ...
合わせて読みたい記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする