おせち以外のレシピ!簡単サーモン料理生クリームオーブン焼き

スポンサーリンク

お正月におせちに飽きたけど、もうお料理はしたくない時に、簡単につくれるオーブン料理の一品です。

サーモンのほうれん草生クリームオーブン焼です。これは前日に作り置きは向いていなく、オーブンからの出来立てを食べるのが美味しいです。

疲れていても、切ってあるサーモンと、ほうれん草と生クリームをパイレックスの深皿に入れて、オーブンに入れて焼けば出来上がりなので、焼き時間さえ間違わなければ、失敗しません

テーブルの真ん中に置いて切り分けていくと、湯気が出てなにか鍋を囲んでいるようで楽しいです。

では、早速サーモンのほうれん草生クリームオーブン焼きの作り方をみてみましょう。

スポンサーリンク

レシピ

  • サーモン(小骨をとって下さい。)700グラム
  • 冷凍ほうれん草、200グラム
  • 生クリーム 2カップ
  • 塩 コショウ 少々

すでに茹でてあるピューレタイプの冷凍ほうれん草は、オーブンで焼くとサーモンと一体になり、良くなじんで、ハーモニー感がでますよ(^^♪。

場所によってはスーパーでも売っていますが、ピューレタイプが近所のスーパーでない場合は、通販で売っています。こんな冷凍のブロックタイプのは便利ですよ。

作り方

①パイレックスの大皿にまずサーモンと冷凍のほうれん草を敷きます。そして、塩、コショウを少しふります。

②この写真は1セット目が終わり生クリームをのせ、2セット目でサーモンとほうれん草の上に塩コショウをふりかけた状態です。

③その上に、生クリームを敷きます。

サーモン、ホウレンソウ、生クリームの3層で1セットの状態です。

2セットでこの高さ、約10cm位のパイレックスの深さです。

④余熱で温めたおいたオーブンに入れて、200°で約20分、180°で約20で、

出来上がりです。

フライパンで焼く場合

オーブンがない場合は、フライパンにアルミホイルを敷いてもできます。アルミホイルに、最初に少し生クリームを敷いて(アルミホイルにくっつかないようにするためです。)

その次に、サーモン、塩、コショウ、ホウレンソウ、生クリームで、アルミホイルの上を閉じて焼きます。

最初強火で5分、そして中火で5分、弱火で10分位で火がとおったら火を止めてください。

冷凍のホウレンソウは、フライパンなら火が通りにくいですので、あらかじめ冷凍室から出して少し柔らかくなってから使った方がいいです。

味はオーブンで焼いた重厚さはでませんが、お皿に盛り付けるときに、アルミホイルでおしゃれさがでます。

まとめ

このサーモンのほうれん草生クリーム焼きはオーブンで焼くと、サーモンとほうれん草と生クリームが良く合わさり、サーモンがオーブンの中で40分かけてじっくりと焼かれていきますので、重厚な味わいになります。

なにせ、材料さえあれば、10分で出来ますので、

  • 早い
  • 簡単
  • 美味しい

レシピです。

サーモンは、アスタキサンチンが豊富ですので、食べられる人はサーモンの皮も食べると、アンチエイジングには抜群ですね。

この白ワインはフランスの東部のサヴォア地方のワインで、ラクレットチーズの産地のワインです。

ラクレットといえば、アルプスの少女ハイジで有名なスイスの高原の料理ですが、フランスでも冬の定番のチーズ料理です。 管理人が最初にラクレ...

ラクレットのチーズは濃厚ですが、サーモンには軽めのこのようなサヴォア地方のワインも相性がいいですよ。

ケーキも全部作っておもてなしをすると喜ばれますね。

ケーキは作ってから2、3時間後に食べると本当に美味しいですよ。 そこは、できたの手作りクリスマスケーキです。どんなに優秀なシェフが作ったのものでも ケーキ屋さんで買えるのは、翌日になります。 フランパンで簡単に失敗したでできますので、出来立ての醍醐味をみなさんでどうぞ。
フレンチ料理といえば、前菜に力を入れているレストランが多いですね。 メインもそうですが、最初の前菜でその日のムードを良い気分にしてくれ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事