口紅を使い切る方法! 唇の色の変化に合わせたコーディネート!

スポンサーリンク

化粧品って全部最後まで使い切ることは中々ありませんよね?

ファンデーションは最後まで使い切っても、久々に化粧ポーチを整理してみて、「へーこんな色の口紅持っていたんだ」と感心してしまうことがあります。

口紅はシーズンごとに次々と新色が出てくるため、古くなったものは使わなくなってしまうというのが理由だと思いますが、この際手持ちの口紅の色目をチェックして最後まで使い切ってみるというのはどうでしょうか?

朝起きて鏡をみて、唇の色は年齢を重ねて変わったと感じる時があります。

そんなお手入れと色の組み合わせも併せて見てみましょう♪

スポンサーリンク

使い切らなかったのには、何か理由が?

口紅を一本使い切らなかった理由には、

「この口紅つけ心地は良いのだけれど、もう少し赤味が強ければいいのに。」とか、「こっちのはパール感が強すぎる!もっと控えめだったらいいのに。」というようなことでしょうか。

やはり、最後まで使い切らない口紅には、買った時の思い入れと色や感触のちょっとしたした違いがあるものですよね。

また、年齢を重ねていくと唇の色が変わってきて、同じメーカーの同じ色番が以前とは違う映りになってしまったということもあるのではないでしょうか?

体調で唇の色が微妙に違ってくることもあります。唇の色は年齢を重ねると少しづづ紫色がかってきます

唇の色の変化って年齢以外に何が?

大体定番の色を使っている場合でも、唇の状態で口紅の映えが違ってきますよね?それにその日のコンディションで唇の潤い状態が悪いと感じることがあります。

  • 風邪をひいている
  • 胃の状態が悪い
  • ストレスを感じている

こんな時は、唇の状態は良くありません。顔のお肌自体が疲れている時に、唇だけ元気ということにはならないですよね。

唇に潤いがないときは、体が疲れているのかを知るのも大切ですが、お手入れ自体が良くなくて、唇を疲れさせているのかも知っておくと良いですね。(^^♪

ティッシュで強く擦ってふき取るのは唇に負担をかけてしまっています。

唇のクレンジングは専用リムーバーで

ではティッシュてふき取らないとどうするのかですが、クレンジングには専用のリムーバーがあります。こんなリムーバーを使うと唇に負担がかからなくて良いのですよ。(^^♪

お肌のお手入れには、クレンジングや洗顔に一番お金をかけるのが良いと言われていますが、目元のクレンジングには専用のクレンジングを使っても、唇のクレンジングは蔑ろにされていることが多いですよね。

これなら唇のクレンジングと目のクレンジングが一緒にできるタイプです。

残っている口紅をどの色で補う?

さて使い切ってなくて、化粧ポーチに残っている口紅ですが、他の色と組み合わせて使うのはどうでしょうか?

組み合わせる際に、潤いも考慮に入れてみましょう(^^♪

真っ赤なら➡透明リップと

薄茶系なら➡赤と

一度塗ってみて、色目が思ったようにならない場合は、他の色と混ぜてみてはどうでしょうか?ダイソーの100円ショップでも何色も揃ってますよ(^^♪

口紅の繰り出し部分より下は全体の3分の1です。使わないで捨てると1本4000円なら1300円もします。結構な金額ですよね。

口紅は縦に塗る

唇が潤っていればいれ良いのですが、乾燥して縦割れしているような時は、最初にリップをつけると紅筆が塗り安いですよ。

ひび割れに対して紅筆で縦に塗っていくと上手く塗れますね。(^^♪

紅筆で繰り出し部分からすくい出すときは、多めに紅筆につきますので、少しづつ付けるのが良いですね。(^^♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

化粧ポーチのチェックはなかなかやりません。でも眠っている口紅は何本かあるのではないでしょうか?

この際、再利用をしてみたいものですし、唇の色を見直して、再組み合わせをやってみたいですね。

管理人もポーチの中の点検はまめにおこなって、残っている口紅に、お化粧品コーナーで貰ったサンプルパレットや100金の口紅を組み合わせて、季節で新しい色目にしています。

あなただけのオリジナルコーディネートを楽しんでください。(^^♪

なかなか不況が続きます。ボーナスもパッとしないし、お財布の中が〚淋しい~〛時もありますよね。 そんな時、お金をかけないで趣味を楽しめる...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事