友達に連絡できない心境って?連絡をもらえないのと真逆なだけ

スポンサーリンク

長い人生仲の良かった友人へ、何かの思いがあって連絡ができない、したくてもできないということはないでしょうか。

友人関係は、ある時点で両者が予期していないことで変わります。

お互いに柔軟に対応できれば、思いがあるのですから、両者から連絡もとりあえますが、できない時があるものです。

できない時にはできない理由があるもので、できない背景がずっと続けば疎遠になってしまいます。

そんな時に、連絡をしてこないのは何故なのか聞かれても、相手を傷つけると思えば何も言わないものです。

多分そんなことが人生では何回かあるのではないでしょうか。

友達に連絡をできない心境について管理人が思うところをお話します(^^♪

スポンサーリンク

友達から連絡がこない状態とは

結局のところ、友達に連絡ができない状況は、友達から連絡が来なくなったのと反対なだけだと感じます。自分ができないということは、相手も連絡がし難い何かができたってことなのでしょう。

仲の良かった友人から連絡が来なくなった

最初の何か月の間連絡が来なくて、「どうしているのかな」と思っていることがあります。

頻繁に会っていた場合は、最初の週に「あれ、連絡がないけどどうしたのかな」と思って、へんだなとは思いながら、何週間か経ってしまって、そのうち何か月にもなってしまったりしまったりすることがあります。

勿論、物理的に、引っ越しや転勤で距離が離れたという場合もあります。そんな場合は別にして、同じ場所に住んでいるときに連絡がこないと不安になります。

理由として、会社の中で勤務部署が変わったとか、試験準備で忙しくなったとか、連絡をしようにも、忙しすぎて連絡ができないという場合はあります。

誘っても返事がこないとき

相手から連絡がないなら、なんか変とは感じながら、自分の方から誘ってみようします。

いざ連絡をしようと決心をして、メールを送ってみます。しかし3回、4回とメールを送るにも返事がない場合もあります。

もし、1回や2回メールを送って連絡がないのは、見落としや、後で連絡をしようと思っている場合があります。

ところが、3回、4回連絡をしても連絡がない場合はきっと

  • 連絡をしたくない
  • 連絡をしても仕方がない
  • 忙しくてその気になれない

などと、友人が思っている可能性があります。

連絡をしたくないのは、その友人が現在いる状況のなかですごく困っているなど、話しても解決できないなど、力になってもらえないと思うということもあります。

友人関係は、物の貸し借りがなくとも、お互いの間でスピリチュアルな部分がありますので、お互いの間で、交換しあっているというのがありますから、それを与えられない状態だと、相手も会いたくないとか、連絡をしたくないと思えるときがあります。

いつも誘うのは自分でいいのか

何度か、連絡をしてやっと会うことになったとき、会っても話しが面白くないときがあります。話しが盛り上がらないとか、相手が自分の言っていることに興味を持っていないと感じると、話すほうも「つまらない」状態になります。

まして誘うのはいつも自分からなら、これでいいのかなと思うのはごく自然ですし、いつも自分からなら、止めたほうがいいのかもしれません。

ドタキャンを何度かされた

ドタキャンなどは、社会の中で許されることではあいません。仕事上であれば、信用を失いますし、丁寧に謝罪をして、代替えをたてるなど、穴埋めの作業は必須です。

会社でなり、何かの形で勤務しているいじょう労働契約がありますので、健康状態も良好にするようにするのが社会人です。

ですので、ドタキャンが許されるのは、あるいみ家族か友人関係のみです。

する方も、される方も、いくら親しいなかとはいえ、頻繁にすれば信用をなくします。またその前に、ドタキャンをしてもかまわないと思われているようであれば、そんなことがない信用を培える関係を探していくのが、自分のためになりますね。

友達に連絡ができない状態とは

また反対に、友人へ連絡ができない状態は、いま上の章で見てきた反対の状態です。

友人から連絡がないのには、その友人の時間がないに等しくなったから、現在の友人にしてあげられることがないことで、連絡がこなくなるという状況です。

自分の方から連絡をできない状況は、

  • 話しても分かってもらえるものが少なくなった
  • 話しのテンポが合わなくなった
  • 興味をもつ対象が変わって共通点が少なくなった

などがあり得ます。

会社の同僚であっても、昇進時期が違っていれば、疎遠にならざる負えない状況もあります。同じスピードで昇進するのは稀です。昇進した方も、しない方も状況が違うことで話しがし難くなります。

片方が、気にしていなくとも、もう片方が気にしていると思うことで、気まずくなることが多いと思います。

電話をしたときに、すっと話しができる状況であればいいのですが、なにか気まずいものを感じると、次回は電話をするのは止めようと思い、メールもしなくなってしまいます。

そんな状況で連絡ができない状況はある時期続くのかもしれませんが、何かのきっかけがあって、すっとメールをした時期がくるものですね。

なぜ長い間、こだわっていたのかと思うことがあります。しかし渦中にいる間は、わだかまりって、連絡がとれないものですね。

まとめ

将来はわかりません。しかし「今」ということを考えると、連絡を取れない時期もあるものですし、連絡をしても来ないということもあります。

自分から一方的にしてしまっていることなのか、また何かを相手にしてしまったという場合もありますが、説明がつくものなら、気を遣わずに伝えてくるでしょうし、言えない内容だと気を遣って言ってこないことを尊重するのがいいのではないでしょうか。

ずべて言葉にする必要はないと思います。

頻繁に会っていれば会うことを普通に思ってしまいますが、連絡がなければないで、その相手がいないという設定に頭を切り替えるのも一つの方法です。

友人関係が何かおかしいと感じてくると、どうすることができるかですね。 「何か可笑しい」と感じるときに、友達との関係につてい考えて、相手...
友達に「避けられている」と感じるのは、誰でもあるのかなと最近思うようになりました。 誰でもというのは、なにか仲間はずれにされやすい存在...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事