好きな友達なのに疲れるようになったら注意を!気にしすぎは禁物

スポンサーリンク

異性のへ思いもありますが、同性同士でもやっぱりできれば一緒にいたいと感じる友達はいますよね?

一時期「白衣に弱い」という言い方がありましたが、誰しも一人や二人位、「弱い相手」というのはあると思います。その人への思い方強い分、いうことが言えなくなってしまいます。

そんな友達には、片思い的な要素があって、やたら期待感が大きくて、自分からしてあげたいと思ってしまいます。でも、自分からする割には、「あんまり思われていないの?」と感じることがあります。

そんな好きな友達には、自分が言いたい事をつたえて分かち合いと思います。でもわかってもらえない時もありますね。。。

少し憧れ的な存在は誰にでもあると思いますが、相手も自分も、みなその時の状況で変わります。

そんな悲しい時期をどう乗り越えたのかお話したいと思います。

スポンサーリンク

自分が惹かれる相手には弱い?

友人との関係って、自分が相手に惹かれて、「友達になりたい!」という気持ちありますよね?市民講座のクラスで知り合ったとか、部署は違うけれど会社が一緒で帰り道が一緒だからそれから話すようになるとか、いろいろあります。

最初のきっかけがどうであれ、同性の友人に対して、すごく「○○ちゃんの△△が好き」という感情があります。その「△△」は、もしかしたら自分がもっていない部分だから惹かれるというのがあるのかもしれません。

惹かれるというのは異性との関係だけに限ったことではなく、惹かれる友人だからこそ、「付き合いを続けたい」という気持ちも付きものですね。そんな好きな友人なら、

  • 時間に遅れてきても
  • なにか利用されているだけみたいに感る
  • 期待した反応が返ってこない

のような状況でもです。だってその友人の事が好きなのですから。

しかし、なんとなく主従関係とはいかなくても、その人の為にする事の方が、されることよりり多くなると、関係が続くとしんどくなってきます。

やはり、「私のことを理解してもらっていない」と感じる事が強くなれば、同性でも「片思い」の状態という事ですよね。

「相手に嫌われる」と思うと、言いたい事が言えなくなります。

しかし関係は対等というか、相手への思いやりと、相手からの思いやりはバランスが取れていないと、自分だけが我慢することになって疲れます。

疲れると感じる時

疲れると感じてしまうのは、そんな好きな友人にとって、自分の存在が「軽い?」と感じてしまう時がありますね。
軽く思われていると感じるような疑惑が出てくると、もしかして「本当は会いたくないのか」と考えてしまいます。

自分の存在が軽く思われていると感じたり、反応がおかしいと感じるのは次のような3つの時だと思います。


1.  いつも自分の方から誘う
2.  相手が約束時間に頻繁に遅れきたり、キャンセルしてくる
3.  人の話の意味を理解しないで、自分の話ばかりしてくる
などの時です。何年も付き合いが続いていても、共通点があってもです。

改めて自分との友人関係を考えてみたのですが、私が本当に困ったときには、真剣に悩みを聞いてくれて悲しんでくれる友人でも、何年かすると、関係が微妙に変わる時があります

その友人が一緒にいて相槌を打ちながら、携帯メールをされるとかそんなことはなくても、やはり一方通行と感じると、「軽さ」を感じる時がありますね。そいう時期は傷つかないように段々と会いたくなくなります。

疲れをとる方法は?心理的な心の準備を

一緒にいると疲れると感じる友達と楽しくやれるには、結局どうするのが良いのか考えました。 先ほど挙げた自分が疲れてしまうと感じるのは、自分のことをあまり思われていないと感じるからです。
そんな状況をなくするためには、待ち合わせ場所や、会う頻度が大事だと思います。
1.  いつも自分の方から誘う➡誘われるまで連絡しない
2.  約束時間にを頻繁に遅れて来たり、キャンセルしてくる➡本屋など時間がつぶせる場所を待ち合わせ場所に選ぶ
3.  友達が話すことをわかってくれない➡続くときは、なんとなく理由を作って会わない

1.  誘われるまで誘わない

これは、仕返しというような意味ではなく、携帯にお誘いメッセージがないか、と気になる性格なら、頻繁にメッセージをチェックしないくらい自分を忙しくして、相手の友人から連絡が来るまで、気長に待つような癖をつける事です。
最初は難しいですが、慣れるとできます!

2.  待ち合わせ場所に選ぶ

約束の時間に正確に行くタイプだと、相手の友人が遅れて来るとイライラすることがありますので、本屋さんとかショッピングセンターなどでだと時間が潰せて、相手が遅れてきてもイライラしません。
その友達の正確にもよりますが、急に「ごめん、今日ダメになったの~」と言ってきたりすることもあります。
それか、遅れた時間数やドタキャンが3回つづけば、〚おごってもらう〛とか、あらかじめ取り決めしておいてもいいですね。
ドタキャンや時間に遅れてくるのは、そおいう性格なので気にしないで済むようにしましょう(^^♪

3.  あまり話が通じないと間隔を置く

いくら好きな友人でも、自分が話したい事を話して、友達から違う反応をされると、疲れます。

「そおいう事を言っているのではない!」とこころの中で叫ぶことはないでしょうか?

友人が離婚やパワハラを受けて変わった?

今時、離婚は珍しいことでもありませんし、だれでもあり得ます。

それに、ブラック企業に勤めていなくても、部署がそんな場合もあります。

自分自身も上司も選べませんし、上司も部下を選べませんが、そんな場合は大変で、人格が変わることありますよね。。。

管理人もそんな時があり、かなり辛い思いをしました。一人の友人はそんな状況で、ストレスが一杯で、いつ解雇されるかと怯えていました。

そんな状況では、いままでのように話が通じなくなりました。

「この話ぜひ○○ちゃんに聞いてほしい」と思って、やっと会って話したら、なにか違う意味に誤解してしまう時です。全然自分が言いたい事を理解してくれないどこおか、おまけに説教をしてくる時があります。

はっきり言って、そおいうときは疲れます。

でも、そんな時は、「そおいう事を言っているんじゃないんだけど。。。」

それから、説明を5分して、やっとわかってもらったということありますね。。。

離婚をした友達もその後随分と大変で、話し方も変わっていました。(自分も変わっているのかもしれません)

そおいう時に、説教じみたことを言ってくて随分聞いていたのですが、自分の神経が参りそうで、しばらく間隔をあけることにしました。

スポンサーリンク

まとめ~私が心がけていること

友達と良い関係を続けるために大事なことは、自分の状況や、相手の友人の状況を理解することだと思います。

だれでも、家族との関係の変化や、過酷な仕事の状況で変わるときがあります。

その友人の特徴を知って、遅れてくる事があっても、自分を軽く思っているなどと、コンプレックスはもっても仕方がないと思うようにしました。

時間に遅れてくる友人なら、それ以外の良い点をみるのが良いですね。

もし何か月も連絡をしてこないで「急に連絡をしてきてお茶に誘ってきたけど、裏がある?」などど考えないし、「久しぶり会った時に素直に喜ぶ」ようにしています。

そしてうだうだと考えないようすると、会って素直に楽しく時間を過ごすようにしています。

問題は、自分に愛情を向けて欲しいのですが、 相手の友達は、あなたに最初から何もお願いしていないのに、 あなたは勝手に相手に与えたいと思ってしまって、 投げたボールを返してくれないことで、相手を責めることです。

時期によってストレスが沢山あるときは、相手の友人の何気ない一言で傷つくことがあります。

また言いたいことを言っても、通じない時や、説教をしてくる時などは、しばらく会わないことにしました。

定期的に会わないといけないと思っても、楽しくないのは良くないですし、友達がすごく変わった時に会うと、自分が精神的に参ってしまいます。

裏切られたとか思わない、期待しない。 あなたの感受性をわかってくれる大切な友達です。 じっくり、ゆっくりで長続きする付き合いができればいいです。 相手の友人が自分の反応と違っても、そんなものかと うけいれて、信じているといい関係になっていきます。

距離をうまくとって付き合うのも一つの方法と思います(^^♪

いくらバイトや、パートで働いていても、たまりませんので、 あんまりひどければ、お店の奥へ引っ込めば何も言わなくなります。 私も若いときは、そんな苦労がありましたが、いま私がそんな立場になれば、 お客さん、今日はお天気がいいですね。とか全然違う話題が振れるくらい 年齢を重ねたのですよ。 相手の目をみて威圧しましょう。違う話題を振るが、キーワードです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事