昔の友達に会いたくないと思うのは変?自分を責めない癖をつけよう

スポンサーリンク

昔の友達に会いたくないと思うことが変だと感じることがありますか?

実は管理人もそう思っていました。

しかし、アラフィフを過ぎて、いろんな人や友達と話し込んで、みんな大なり小なり「会いたくない思い」はあるという事なんですね 。

結局自分に限ったことでもなく、誰しも昔の友達でも、今の友達でもです。

ただ、今の友達と昔の友達の違いは、自分が「昔の自分が言っていたことが好きでない」とか、「当時の思い出したくもない自分」に関係している場合があるところです。

みんな変わります。良いようにも、悪いようにも。

悪いようにというのは、「悪い」という事ではなく、ただ「自分が好きでない」とか「思い出したくない」というだけです。

誰にだって、昔のことで思い返したくないことはあるのではないでしょうか?

そう思うと随分と気が楽になりますね。

スポンサーリンク

昔の友達に会いたくない理由は?

まず昔の友達って、過去の自分を知っている人ですよね。

順風満帆な人生を送っている人もいるでしょうが、大多数の人は、「これで良いの?」自問自答もしますし、「思い出したくもない過去」を持っていると思います。

親の離婚とか、借金とかも自分自身の努力でどうなることでもありませんし、小さい時に家庭環境を変える力はありません。

育った家庭環境で、理解がある親だと、外で起こったことでも相談できることもありますが、そのような両親がいる家庭はどちらかというと稀です。

当時の自分自身の何か思い出したくない場面や、思い出したくもないことがあったとしても、そのようなことは現在の日常の生活で思い出すのは稀です。どんどん遠い過去になっていっています。

ところが何かの拍子で思い出すことがあります。

一度思い出すと、走馬燈のようにいろいろ、「あんなこともあった」とか、「こんなこともあった」とか思い出し始めます。

思い出したくないことを知っている昔の友人のことも一緒に思い出すと、その友人には会いたくないと思うもは普通です。

ただ、これもダークゾーンだと自分は思っているけれど、それも他人さんにとっては、ちっともダークゾーンでないという場合があります。

地元の同級生との同窓会

同窓会といえば、昔へタイムトリップ(昔へ逆戻り)する場面ですね。

現在の自分は10年も前のことや20年前のことなどは大体忘れていますが、同窓会に出席すると、昔の自分を知っている人ばかりが、思い出させることを言ってきます。

大多数のクラスメイトのことは忘れていますが、皆当時のアルバムなどを本棚などから探し出して、当時を思い出して同窓会に来ている事がありますね。

「ああいう事もあったね」と言ってきます。

きっとそう言ってくるのは、その人にとって、嫌な思い出ではないから言ってくるのでしょう。

自分自身では、アルバムを見ないと思い出せないくらいのことでも、そこにいた昔の友達は覚えていることがあります。

昔の友人と昔の自分の関係は?

関係が普通で、挨拶だけするならいいのですが、思い出しなくもない場面や、思い出したくない関係もあるかと思います。

当時、仕切っていた人のことを思い出すと、嫌ですね。

仕切っていた人がいるということは、仕切られていた人がいるということです。

仕切られていた人なら、当時のことが「とらうま」になっていて、全く思い出したくない期間です。

それを、仕切っていた本人は、何気なく言ってくることがあるかもしれませんが、普通に聞き流すのはちょっと無理がありますし、見たくないし、聞きたくないです。

仕切っていた人も、一人でならする勇気がないのに、グループで行動して仕切っていた場合が多く、それに好きで参加していない場合は、参加していたメンバーも思い出したくない事項です。

昔の自分のことをどう思うのか?

会いたくない理由は、思い出したくない自分がいて、その自分をそうさせていた張本人とか、思い出したくない事を連想させる人ですね。

普通は、故郷を出て、違う都市で生活することが多いと思います。

東京のように首都だと別ですが、小さなに町には仕事がありません。

今の自分に自信があって、昔の友人でも誰にでも会っても大丈夫という場合もあります。しかしそうでない場合もあります。

昔いた自分がいた期間は、ほんの僅かの時間です。人生80年としても、多分思い出したくない時期は3,4年の間でしょうか?

もっと長いかもしれません。しかし80年の長さから行くと短いです。

今が充実しているようであれば、昔の自分のほんの3年や4年の短い期間へタイムスリップするのは苦痛でなないのでしょう。

今の自分を充実させてくれた過去の大事な自分と思えますので。

もう会いたくない人への断り方

昔の自分を知っている昔の友達(知り合い)に会いたいかどうかは、今の自分を自分自身でどう評価しているかによるのではないでしょうか?

もし、いまが充実していると感じれば、どんな昔の友達に会って、何事もなかったかのように会えるのかもしれません。

ただ、もし会いたくなければ、無理に会う必要はこれっぽちもないと思います。

時は流れて、会いたくなった時に会えば良いと思っています。

仲のいい友達から「たまに来たら?」などど誘わたら、会えば良いのですね。

スポンサーリンク

まとめ~ページは繰られた今

思うのですが、昔の自分を全部否定する必要はないと思います。

何故なら今の自分を作ってくれたのは、昔の自分です。

会いたくない人がいれば、会わなくも良いですし、自分を責めないで、もし会いたくなれば会えば良いのではないかと思います。

もし会わないのが良くないと言う人がいても、それは気にしないで、自分の気持ちを尊重してあげるのが心に良いと思います。

管理人は、もう昔の同窓会などには参加していません。ただ昔の友人で会いたい人にだけ会いに行きます。

実際普段の生活も忙しいですし、同窓会は日が決まっていて、出席するのも無理だというのがあります。

会える時に会える人と会うということで良いと思いますし、自分をわかってくれる友人が現れますので(^^♪

異性のへ思いもありますが、同性同士でもやっぱりできれば一緒にいたいと感じる友達はいますよね? 一時期「白衣に弱い」という言い方がありま...
仲の良い友人が何人かいて、それぞれの友人とも定期的に会って話が盛り上がり、自分でも「充実している」と感じている時期があるかと思うと、そんな安...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事