フランス料理のデザートの定番ご紹介!レストランでも迷わず選べます

スポンサーリンク

デザートはやはり別腹です。

フランス料理を食べた後はお腹が一杯でも、それでも食べたくなるのが「デザート」ですね(^^♪

デザートはフランス料理の中でも、パティシエと言ってデザートだけを専門に作る人がいるほど、料理人とは分業されているレストランもあります。

デザートは、美味しいだけでなくプレゼンが綺麗ですね。常に創作性が競われているとも言えますし、見とれて食べるのがもったいないと思うほどです。

メニューに

沢山あってどれにしようかと迷うところですが、デザートを選ぶときの参考にしていただけるように、画像と味、名前も一緒にご紹介します。

では定番のデザートのを早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

フランス料理の定番デザート

フランスのレストランでは、ほぼ定番でレモンタルトがあります。

レモンタルト

ナチュールのレモンタルト

レモンタルトはフランスで一番人気があるデザートです。

一番オーソドックスな形は丸形で、台のサブレに、レモンのクレーム(レモン汁と卵とバターのクリーム)のアレンジがされています。

Tarte au citron(タルト・オ・シトロン)

レストランのメランゲつきレモンタルト

同じタルトでメレンゲ付きですが、メレンゲが「ムラング・イタリエン」といって、ふっくらとしていて、適度に粘りがあります。

タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée レモンタルトのメレンゲ添え)

メランゲには、フランス風とイタリア風があり、イタリア風のはしっとりしています。

メレンゲしずく形のレモンタルト

このしずく型も定番です。

その中で、しずくをどう飾るかで作品に違いがでてきます。クレーム・パティシエールの上にメレンゲで涙のしずく形にしています。

タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée メランゲとレモンタルト)

フルーツのスープのデザート

スープというと前菜をイメージしますが、「スープ」果物のデザートでもスープという言い方をします。

ミキサーでジュース状にしたものや、細かく切って水分感を演出して、デザートとして出しています。

スープ・ドゥ・ベトラブ

べトラブという野菜(赤株に似ている)をミキサーにかけて、砂糖であまく味付けしたスープです。

付け合わせはシャーベットでもアイスクリームでもOKですね。ベトラブにはお砂糖は控えめいれてもシャーベットの甘味で十分甘いです。

soupe de betterave( ベトラブのスープ)

お皿に盛り付けして、シャーベットを添えた夏のデザート。さっばり感がいいですね(^^♪

ベトラブは短冊に切って、オリーブオイルでサラダで食べるのが多いですが、パテなども合います。赤の色が綺麗なので、いろいろ使われます。

ボルシチに入っている野菜で有名なビーツですが、フランスで「べトラブ」と言われている赤ビーツは食卓を華やかなにする、人気の食材です。 何...

スープ・ドゥ・マング

果物のマンゴーのスープです。マンゴの甘みで砂糖をいれない健康的なデザートとして親しまれています。

スープ・ドゥ・マング(soupe de mangue マンゴスープ)

スープ・ドゥ・マング(soupe de mangue マンゴスープ)

スフレ

スフレ・ショ・オ・フレーズ・マラデボア、ソルベ・フロマージュ・ブラン

スフレ・ショ(焼いた暖かいスフレ)は、卵黄と卵白を別に泡立て、砂糖と混ぜて型に入れて焼きます。

スフレ・ショ・オ・フレーズ・マラデボア、ソルベ・フロマージュ・ブラン( Soufflé chaud au fraise Mara des bois,sorbet fromage blancイチゴのスフレ、フロマージュブランのソルベ添え)

熱々のスフレに熱々のキャレメルを上からかけて食べました。

スフレ・グラッセ・ア・ラ・フランボワーズ

スフレは先ほどの暖かい焼き菓子をイメージしますが、シャーベットもスフレと言います。

キイチゴのシャーベットスフレです。マスカラポンチーズの入った冷たくアイスクリームタイプです。

冷たいスフレは、イチゴやキイチゴの組み合わせが多いですね。これにもアマレナがのっています(^^♪

スフレ・グラッセ・ア・ラ・フランボワーズ(soufflé glacé àla franboise キイチゴのシャーベットスフレ)

シュー生地(パタシュ)

パリ・ブレスト

シュークリームの間に、アーモンドとヘーゼルナッツのムスリムクリームがたっぷりとサンドされたデザートです。

上部には粉砂糖とアーモンドスライス添えれています。

パリ・ブレストの名前がついたのは、パリとブルターニュにあるブレスト間の自転車競技の優勝者に王冠の形に焼いて進呈したといわれているのが、一番の有力説です。

パリ・ブレスト(Paris-Brest)

中に入れる>ムスリムクリームですが、ピスタチオ味です。

パリ・ブレスト・ア・ラ・ピスターシュ(Paris-Brest à la pistache)

スポンサーリンク

ミル・フィーユ

ミル・ファイユ

ミル・フィーユの名前で知られていますが、フランス語では「ミル・ファイユ」と言われ、1000枚の葉という意味です。

パイ生地が何重にもなっているので、そう呼ばれています。特に良質なバターで良し悪しが決まりますね。パイ生地のさっくり感を出すのが難しい、3層構造の職人芸です。

ミル・ファイユ(mille feuille ミルフィーユ)

ババ・オ・リューム

ババ・オ・リューム

ラム酒のスポンジケーキです。

煮込んだラム酒とシロップにスポンジケーキを漬けて、乾燥させてから、生クリームで飾りつけをします。

ババ・オ・リューム (baba au rhum ババ・オ・ロム ラム酒のスポンジケーキ)

ババ・オ・リューム (baba au rhum ババ・オ・ロム ラム酒のスポンジケーキ)

上のババ・オ・ロム ラム酒のスポンジケーキが正式な作り方ですが、コスト削減で、フランスパンの残りを使ったのは↓のようになっています。

ババ・オ・リューム (baba au rhum ババ・オ・ロム ラム酒のスポンジケーキ)

生クリーム系

フレーズ・ア・ラ・シャンティイー

イチゴのシャンティクリームかけです。生クリームのをホイップにした、イチゴにかけてあります。クリームが常温でも持つので夏には良くでてくるデザートです。

フレーズ・ア・ラ・シャンティイー(fraises à la chantilly イチゴのシャンティかけ )

フォンテーヌブロー

あまり聞きなれませんが、フォンテーヌの森のような名前ですが、フロマージュ・ブロンと生クリームで泡だでたふわふわクリームです。

シャンティは、スポンジケーキやシュークリームの中にはいっている、泡だてられた生クリームですが、〚フォンテーヌブロー〛はその中にフロマージュブランを混ぜています。

ですので、味は軽めです。特徴は泡が立っても軽めで、潰れやすいことです。そこは生クリーム100%とは違います。

イチゴのジャムや、果物を真ん中に入れたりと、フルーツを楽しめます。

フォンテーヌブロー(Fontainebleau )

フォンテーヌブローは、常温ではホイップが持ちません。

グラス・アマレナ

アイスクリームのアマレな添えです。

アイスクリームの上に、シャンティイーをのせ、アマレナのシロップにサクランボをつけて煮込み、出来上がったサクランボをのせます。

アマレナは、写真の下の手前の黒っぽいサクランボです。アマレナを使うと、生クリームはシャンティイーが一般的です。

グラス・アマレナ(glace amarena アイスクリームのアマレな添え )

パナ・コタ

パンナコッタです。牛乳とゼラチンで固めるだけで、簡単です(^^♪

パナコタ (panna cotte パンナコッタ)

同じパンナコッタですが、円柱に仕上げています。グラスの容器に入れて、上から果物のジャムや、クリ(果物を液状にしたもの)をかけるのがほとんどですが、円柱の上にさらに装飾をしてあるのも、さすがですね。

中にさらに黒サクランボのジャムがあり、甘さ控えめで仕上げています(^^♪

パナコタ・オ・スリーズ (panna cotte au cerise パンナコッタの黒サクランボ添え)

ティラミス

ティラミスです。牛乳の他にマスカラポンチーズを使っています(^^♪

ティラミス (tiramisu ティラミス)

いまティラミスは、大皿で作って、切ってお皿にのせるより、上のガラスの容器に入っている方が多いです。

次は、残り物系のデザートです。

残り物系

パン・ペルデゥ

残ったフランスパンを無駄にせずに使うという考えのデザートです。卵、砂糖、牛乳をバターをひいたフライパンで焼いたお菓子で、アイスクリームとジャムと一緒に食べると美味しいですね。

パン・ペルデゥ (pain perdu あまりパンのお菓子 )

パン・ペルデゥ (pain perdu あまりパンのお菓子 )

リ・オ・レ

あまりご飯のデザートです。残ったご飯を牛乳で煮込んで、少しバニラで風味をつけたデザートです。

欧州でご飯のデザートなんてないのかと思っていましたが、スペインのカタロニア地方にも、〚クレーム・カタロン〛と言って、このリ・オ・レに似た同じ作り方をしているデザートがあります。

リ・オ・レ (riz au lait あまりご飯デザート )

卵系

クラフティ・オ・スリーズ

はサクランボのクラフティです。

卵の小麦粉の素朴なデザートで、中にいれる果物はサクランボが多いですね。

クラフティ・オ・スリーズ (Clafoutis aux cerises サクランボのクラフティ)

カヌレ

カヌレは、牛乳、卵の小麦粉の素朴な焼き菓子です。ボルドーが本場と言われています。

外を高温で焼くことで、外が固く内側がや柔らかくその違う食感がこのカヌレの魅了です。

カヌレ (canelés カヌレ)

高級なレストランであれば、本命のデザートよりも、最後のコーヒーと一緒にでてくることが多いです。

クレーム・カラメル

クレームキャラメルは、素朴なデザートで、どんなに綺麗なデザートが出てきてもなくならないデザートで、定番のデザートとして健在です。

クレーム・カラメル(crème caramel クリームキャラメル )

使う卵が美味しいと、とても美味しいです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか、フランスの定番のデザートをご紹介しました。

デザートは、パティシエさんが作っているデザートの中には創作作品が増えています。

また、パン屋さんのデザートも綺麗なのが多く、パティシエさんも顔負けなのが沢山です。

レストランで食べるデザートなら、上からアルコールやイチゴのクリソースをかけてもらったときがクライマックスで、味と演出の両方が楽しめます。

夏は果物のデザートが綺麗で、爽やかに食べられる季節です。

シャーべットも併せて楽しみで下さい。

ご参考になれば幸いです。

デザートファンにとって、チョコレート入りのケーキは外せないものですね。 ガトー・ショコラはフランス語読みです。 ですので、チョコ...
フランス語で、メレンゲのことを「ムラング」と言いますが、フランスの伝統的なムラングの他に、イタリアンのバリエーションがあります。 通常...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事