トリュフの瓶詰の食べ方!生~オリーブオイル漬けまで徹底紹介

スポンサーリンク

トリュフって食べたことありますか?

管理人も以前にレストランで食べた事はあったのですが、「え?どんな味だった?」といようなインパクトもなかったのを思い出しました。

値段が高かった割には、味が思い出せない位、あまり訴えるものではなかったのです。

結局生でも新鮮でないと味も香りも劣化してしまうってことなのですね。。。でも本当はちゃんと味も香りもあるから、世界三大珍味と言われているのでしょう。

そして最近「トリュフ」を頻繁に食べる人と会って、美味しいと言っていましたので、ちょっと気になって自分で生のトリュフや瓶詰を買いに行って、パスタやフォアグラと一緒に作ってみました。

瓶詰タイプには「ブリズール」、「カルパッチョ」や「オリーブオイル」をご紹介します。

ちゃんと料理すれば美味しいものです!

では早速、美味しい食べ方を見ていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

トリュフの食べ方

まずお伝えしたかったことはトリュフは、生の新鮮なものなら、香りがあると言う事です。!

外側がいぼいぼになっていて形は丸です。キノコの一種といわれていますが、固いです。このトリュフは5月に出回っている「夏トリュフ」です。

二つに切ると、こんな断面です。

一番美味しい食べ方は、パンに乗せるのが良いといわれて試してみました!

スライスしてパンに乗せる

パンは、「パン・ドゥ・カンパニーニュ」と言って、フランスパンですが、全粒粉が入ったフランスパンで試しました。

まず、パンをスライスして、オリーブオイルをかけて、その上に夏トリュフをスライスして、更にオリーブオイルをかけて試しました。

そうするとファオグラなしでも、しっかりと香りを感じることができます(^^♪

生の夏トリュフのスライス

香りはシイタケに近く、それにバターのまったりな香りが加わっていると感じました。かぐわしさがあります。

スライスしてフォアグラとパンに乗せる

生のトリュフが手に入らないと、このような瓶詰がお薦めです。

これは黒トリュフの丸ごとなのですが、粒が小さいです(高くて大きいのが買えませんでした。)

同じく「パン・ドゥ・カンパニーニュ」をスライスして、その上にスライスしたフォアグラをのせ、少しだけ塩をふり、そこにスライスしたトリュフをのせて、またちょっとだけオリーブオイルをふります。

一番トリュフの料理で使われるのが、このファオグラとトリュフのスライスパンでしょう。

素材を楽しむには、これが黄金の食べ方です(^^♪ ちなみに、トリュフは上あごにのせてゆっくりと味わうと良いと言われています。

缶詰の黒トリュフのスライス

ただ、この黒トリュフは瓶詰に入ったもので、あまり香りがないのですね。。。

理由は、かつお節の一番出しのように、トリュフからとった一番ダシが香りや味を奪っています。

下の「Jus de Truffes トリュフの液」で瓶詰になって売られています。

トリュフのメーカーでは、大体(私が調べた範囲で3社は)この「Jus de Truffes トリュフの液」を販売していますので、瓶詰になっているトリュフは出がらしっぼくなっていると感じました。。。。。

ただ、この缶詰タイプが全く味がないかと言えば、そんな事はないのですが、味や香りは薄いです。。。

トリュフとジャガイモのピュレも代表的な組み合わせです(^^♪

トリュフをカットしてジャガイモのピュレにのせる

トリュフは生で新鮮なら香りが良いですので、ジャガイモのピュレにも合います。

ピュレの上に小さくカットした(おろし金でおろすと下の様に小さくなります)トリュフをのせると、香りがすごく引き立ちます。

焼いた肉は、トゥルノド・ロッシーニ風にしました。牛肉とファオグラを焼いて、赤ワインと先ほどのの「Jus de Truffes トリュフの液」をからめたソースにして、かけました。

「Jus de Truffes トリュフの液」はトリュフの風味が凝縮されている液ですので、肉の香りが引き立ちます!

関連記事

➡ ファオグラの缶詰を大特集!食べかたから細かい点まで全部知っちゃおう

生トリュフでスパゲティを

生のトリュフでなら、簡単にスパゲティにふりかけるのが、香りを味わうのに手軽な作り方です。

トリュフは、盛り付け前におろし金でスライスして、スパゲティにふりかけます。盛り付けてから食べるまでに時間がたつと香りが飛んでしまうので、テーブルでカットして即食べるのがお薦めです。

スパゲティと

タッリアテッレで試しましたが、卵入りのタッリアテッレの方が、トリュフの香りが引き立つように感じました。

もったいないので、スライスパンの時に使ったお皿にパスタを盛り付けました!5ミリのトリュフにも香りがあるので。。。

スポンサーリンク

オリーブオイル漬けのトリュフでスパゲティを

実際生のトリュフはフランスでも手に入りにくいです。専門店に行けば別ですが、八百屋さんで年中売っているというものではありません。

またトリュフの産地に住んでいれば別ですが、パリや北部に住んでいると高級レストランでなければ滅多にお目にかかれません。

ですので、瓶詰の黒トリュフを買うなら、こんなオリーブオイル漬けトリュフが便利ですね。ほんのりトリュフの香がします。

〚楽天のリンクはこちらです↓〛

スライスしたパンやスパゲティにしてふりかけると、香りが充満します。下手な冷凍トリュフよりもオイルがお薦めです。

または、カルパッチョといって、トリュフをスライスしてオイルで瓶詰にしたのです。

生のカットされたトリュフがオリーブオイルにつけられいます。

スライスされたカルパッチョを出した残りのオリーブオイルには香がついています(^^♪

最後に茹でたタッリアテッレに生ハムをのせて、トリュフのカルパッチョをのせて、残りのオリーブオイルをかけました(^^♪ 瓶の中のオリーブオイルにはトリュフの香りと味がありますので、楽しめます! 香りがひきたっていますね。

①楽天で、カルパッチョを調べました。このケンコーコムさんで売っているタイプ。

〚楽天のリンクはこちらです↓〛

スライスしたパンやスパゲティにして乗せて食べるのがお薦めです。冷凍トリュフは味が落ちますので、オイルやカルパッチョの方が良いと思います。

細切れカットタイプのトリュフ

その他、このような、「Brisures ブリズール」と言って、細かくカットしたタイプがあります。英語では、ブレークチップと言っていますが、このタイプはトリュフの皮も丸ごとカットしていてありますので、缶詰(瓶詰)タイプでは一番香りがあります。

これは、パリのデパートに入っているトリュフ専門店でも、街中にある専門店で質問しても店員さんから「Brisures ブリズール」が瓶詰で香りが一番あるとの答えが返ってきましたので、太鼓判を押せます。

カットした状態です。

瓶詰は、この様に「Brisures 」と書いています。

管理人もこの「Brisures ブリズール」は卵料理に思い、スクランブルエッグにしました。

ブリズールを、といた卵に混ぜて、1時間冷蔵庫で寝かせて、それから少し経ってからバターをたっぷり使ってスクランブルエッグを作りました。

バターとトリュフの香り「ピカイチ」ですよ(^^♪

バターはちょっと良いのにしようと思い、エシレバターを使いました。

関連記事

➡ フランスバターはこれで決まり!有名品から以外な品まで徹底紹介

そのほかのトリュフ料理

ブルイヤールと言って、スクランブルエッグより、もうすこし流動的です。その上に、黒トリュフのスライスをのせています。

ニョッキの上に白ハムをのせ、その上にカットした黒トリュフをのせています。

良いトリュフだと、香りを楽しめますね。

ワンポイントアドバイス

トリュフを食べる時は、おろし金でスライスしますが、スライスしてから時間がたつと香りが飛んでしまいますので、スライスして上にかけて、すぐ食べるのが良いですね。

1時間も前に用意して、それから乗せて食べると、香りが飛んでいってしまいますので、周到に準備してから食べましょう(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

生のトリュフがまず手にはいり難いですが、瓶詰タイプもすてたものではありません。

お薦めは、

  • ブリズール
  • カルパッチョ
  • ジュ(一番だし)

です。

フランスパンならパン・ドゥ・カンパニーニュをスライスして、トリュフ漬けオリーブオイルをかけたり、スパゲティにかけたりするだけで、グ~ンっと味と香りを感じることができます。

機会があれば、是非トライして見てください(^^♪

フランスのクリスマスは日本のお正月と同じく、家族や親戚が皆集まる大事なイベントです。 普段あまり顔を見ることのない子供たちも、24日の...
最近、トリュフに凝っている管理人です。確かに値段は高いのですが、フランスでは比較的リーズナブルな値段で手に入ります。パンにのせたりフォアグラ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事