トリュフオリーブオイルの美味しい食べ方!数滴で味が早変わりする料理方

スポンサーリンク

世界3大珍味のトリュフはやはり凄い!

どう凄いのかは、香りが強いという言い方もありますが、臭いが凄いとも言えます。

凄い臭いのトリュフは、良い新鮮なトリュフだからです。何日も経って、良い品種でないと香りはしません。

新鮮なトリュフは朝市に行って買うことができますが、そんな町に住んでいない人の方が多いです。

それにトリュフは季節もので、夏トリュフ以外は秋に出回りますので、季節を外して美味しいトリュフを食べようと思えば缶詰や瓶詰のものです。

トリュフは白トリュフから、黒トリュフそして夏トリュフと種類もあり、白トリュフがやはり香りも濃厚で~す。

そんな凄いトリュフを漬けたオリーブオイルがあれば、いつもで美味しくトリュフを楽しめます。

オリーブオイル美味しい食べ方を見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

トリュフオリーブオイルは臭いのか

新鮮なトリュフは香りがあります。しかし、何日も空気にさらしておくと、いくらなんでも香りはしなくなります。

臭いがすごいとも言われますが、香りがかぐわしいのは、順番として

  • 白トリュフ
  • 黒トリュフ
  • 夏トリュフ

となっていて、夏トリュフは臭いもはかなく、香りもさほどしません。

ですので、トリュフは臭いがすごいのかといえば、モノによるのですが、臭いがあったほうが美味しいです(^^♪

美味しいオリーブオイルのトリュフ料理

元々トリュフはどう料理に使うかは、煮たり焼いたりしないで、スライスをして料理に載せるだけです。

トリュフの香りはどんなもの?

トリュフの臭いというのか香りは、ニンニクとバターの臭いと混ぜた感じです。

香りは白トリュフが一番強く、1メートル近くにいるだけで香りがします。

その分ニンニクなどが好きでないと、「ムッと」する臭いかもしれませんが、食べていると凄く習慣性がでてきます。

トリュフオリーブオイルの使い方

オリーブオイルは自分でも作れますが、トリュフが入っているオリーブオイルがあります。

スライスされたトリュフが瓶の下に見えます。

メゾンドラトリュフで売っているトリュフ入りオリーブオイル

料理の仕方は、スパゲッティやタリッアテッレに生ハムを載せて、トリュフ入りオリーブオイルをかけるだけです。

その他の瓶詰めのトリュフがあれば、ハムと一緒に載せて、その上にトリュフ入りオリーブオイルをかけると、香りがしてきます。

生ハムと瓶詰めトリュフ入のスライスとオリーブオイル

瓶詰めのスライストリュフにはオリーブオイルが入っています

フランスのトリュフのメーカーは、メゾンドラトリュフ(MAISON DE LA TRUFFES)が有名です。

南フランスには、トリュフの缶詰製品のメーカー工場もありますが、パリのデパートにはこのメゾンドラトリュフが店舗として入っていて、レストランではオリーブオイルがサービスでだしてくれます。

メゾンドラトリュフ(MAISON DE LA TRUFFES)

このオリーブオイルが目の前に出てくると、香りがしてきま~す(^^♪

トリュフ入りのオリーブオイルは色も濃いです

フランスパンにつけて、ワインと一緒にアペリティフ(食前酒)として食べてもいいです。

パスタ以外では、カルパッチョに振りかけるとすごく香りがいいです。

牛肉のカルパッチョ、サラダ、パルメザンチーズとトリュフ入りオリーブオイル

トリュフがなくても、パルメザンチーズとオリーブオイルのカルパッチョは美味しいです。

サラダ、モッツアレラチーズ、イタリアミニトマト、の生ハムのコパに、トリュフ入りオリーブオイル

トリュフ入りオリーブオイルは、1本あれば、使いまわしがききます。

【楽天のメゾンドラトリュフトリュフ入りオリーブオイル・黒と白↓】

まとめ

いかがでしょうか。トリュフ入りオリーブオイルの料理の仕方をご紹介しました。

トリュフが臭いかどうかは鼻の感覚もありますので、受けつけられない人にとっては、ニンニクがダメなように、好きになれないものかもしれません。

ただ、何度か食べるとすごい習慣性がある食材です。

ですので、トリュフが3大珍味の一つになっているのにはが理由があると感じています。

トリュフ自体は、新鮮でないと香りがしませんので、オリーブオイルはいつもでテーブルにおいて使えますし、1本あると重宝します。

夏はサラダを食べる機会が多いですので、モッツアレラチーズともあいますし、色々な楽しみたいと思っています。

ご参考になれば幸いです。

世界三大珍味の一つのトリュフです。 トリュフは、実際値段が高いこともあり、フランスでもそう頻繁に食べるものではありません。ですのでミス...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事