バレンタインにどんなワイン?海外みたいに二人でムードなひと時!

スポンサーリンク

もうすぐバレンタインデーですね!

日本では、バレンタインデーといえばチョコレートを女性から男性へ贈る習慣ですが、ヨーロッパではプレゼントを贈ったり、カップル二人でレストランでディナーを食べたり、長年連れ添った夫婦でもカップルでムードなひと時を過ごす日ですね。

彼への思いをチョコレートで伝える代わりに、今年はディナーを囲んでワインでムードなひと時を過ごすというのはどうでしょうか?

そんなムードなひと時を演出するテーブルセッティングでワインを飲んで、愛を告白してみましょう。男性が思いを馳せている女性へワインをプレゼントして愛を告白といのもオリジナリティがあって喜ばれるのはないでしょうか?

最近惰性的な関係になってしまった夫婦の間でもで語らいの時間を持ってみるのも〚オツ〛ですね(^^♪

管理人もこの日は思いを込めて準備をする日です。(^^♪ワインのセレクションもしてみました。

スポンサーリンク

どのワインを選べばいいの?

私の一押しのワインはやはりこのサンタムール(Saint-Amour)です!

このワインは、ボージョレー地方にあるサンタムール村のワインです。

ボージョレヌーボーは11月に出荷される、醸造期間が短いワインですが、そのボージョレーヌーボーの北には10の村では、実は熟成させて長期間保存できる(5年から10年位です)ワインも作っているのです。

ボージョレヴィラージュの一番北にあるのがSaint Amourです。(赤く囲ってます)

その10の村の中の一つがサンタムール(Saint-Amour)です。アムール(愛)ですね。

普段は得に脚光を浴びているワインではないのですが、バレンタインデーにはフランスではレストランではカップルが来るとサンタムールが薦められます。この日は年間で一番飲まれる日でもあります。

➡楽天で送料込みで2600円で出ています。

ボージョレーは、明るい赤色ですので、そんなムードなひと時にはぴったりのワインかと思います。(^^♪

ムードなディナー

そして家でディナーを作ってみる場合のメニューを考えてみました。

フォアグラ

ではでは早速ですが、メニューです。

アントレ(前菜)はフォアグラです。これは切るだけですから、値段は高いですが簡単です。

切るのは簡単なのですが、フォアグラの下(底の方)にはフォアグラの黄色の油がついています。容器からフォアグラが崩れないように取り出して、ナイフで切るときは、熱湯でナイフを温めてから切って下さい。スライスするごとに、熱湯で温めると断面が崩れないで綺麗に切れます。

1日目

1日目

上の写真が1日目、下が2日目(フォアグラが高価なので、2日に分けて食べました。)それで、2日目の方がカシスソースの飾りつけが上手く行ったと思いました。

2日目

フォアグラの飾りつけというと、茶色のゼラチンが多いですが、今回は緑の野菜と赤のソースでお皿の色どりが対照的になるように飾りつけをしてみました。

赤のソースはカシスフルーツソースで、ジャムより液体感が強いです。普段はヨーグルトかけて食べるのですが、飾りつけに便利でフォアグラと相性も良いですね。線を引くときに一か所に多くかたまらないように、線を一気に書くという風にやるのがいいです。

スーパーで売っていない場合は、楽天にあります。↓

メインディッシュのサーモン

夕方仕事から戻り、それからテーブルセッティングというと焦ります。ささっと作れるメインディシュにはサーモンのほうれん草クリーム焼きでどうでしょうか?

このサーモンのほうれん草生クリーム焼きはオーブンで焼くと、サーモンとほうれん草と生クリームが良く 合わさり、サーモンがオーブンの中で40分かけてじっくりと焼かれていきますので、重厚な味わいになります。 サーモンは、アスタキサンチンが豊富ですので、食べられる人はサーモンの 皮も食べると、アンチエイジングには抜群ですね。ワインはサヴォア地方のワインでどうぞ。

これならパイレックスのお皿に買っておいたサーモンを入れてオーブンで焼くだけですので、フォアグラとワインで盛り上がっている間にサーモンがちょうど焼き上がります。

  • 家に到着
  • サーモンを準備して焼く
  • ワインを開ける
  • フォアグラを切って盛り付け

材料のフォアグラやサーモンは前日に買って用意しておけば、仕事帰りでも慌てなく余裕で料理に集中できます。

サーモンはオーブンで焼く時間が40分位ですので、フォアグラを囲んでテーブルで会話が弾んでいる頃に、ちょうどサーモンが焼き上がり良いタイミングですよ。

まとめ

バレンタインデーのような日には、新婚、結婚前でも、熟年夫婦(管理人の場合)でも相手への思いを伝えて、二人でゆっくりワインを片手に話す良いひと時が過ごせればいいですね(^^♪

チョコレートでも、ワインでも、愛をはぐくめるひと時となりますように、管理人は応援しています。普段節約している私もこの日は、腕を振るって頑張ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事