モテる友人にもてない自分が嫉妬しない方法とは?友情はどうなる

スポンサーリンク

モテる友人はいつもモテるってのはありますね。なにかと気を遣うのが上手かったり、話しが上手いのもありますので、人が寄ってきます。

そんな友人と一緒にいると引け目を感じるのはありますね。それで自分がモテないと、何で自分だけがもてないのかと感じて、落ち込みます。

友達と自分だけなら、仲が良くても、何かした自分が相手の友人を引き上げるような存在なら、しばらく遠ざかってみるのもいいかもしれません。

友人関係は、やはり対等ではないと感じると上手くかないです。引け目をずっと感じていてもよくないですし、自分の容姿だとか、着こなしがよくないなどと、いろいろ落ち込む理由を探しがちになります。

ちょっと、離れて自分もモテるようになる作戦を考えてみてはどうでしょうか。

モテるって、案外簡単なのに、なぜか空振りしているのを脱出しましょう。

スポンサーリンク

友人だけがもてると嫉妬する?

なぜ友人だけモテるのかと自問するときありますね。これについては、いろんな見方ができると思います。

  • そんなに本命でない人にいつももてる         ➡ 嫉妬しない。
  • どこからどうみても、かっこいいとか、美人な人にもてる➡ 落ち込む。
  • いつも自分からアタックして、狙っている人とつきあう ➡ 努力を認める。

モテる人はいつでもモテるとはありますが、モテるに内容にもいろいろありますので、モテるパターンを見てみましょう。

そんなに本命でない人にモテる友人

やはり外見が良いと、「得」です。

100メートル離れている場所からでも、認識されるくらい、「美人」や「ハンサム」は特別で、マークされますね。

恰好が良いと、それだけで言い寄られますので、付き合っている人がいなければ、言い寄られた人の方になびいてしまいます。

ところが、なびいてもそんなに好きになれない時があります。

なんとなく、一人でいるのはどうもいやとか、一人でいるとモテないんじゃないかと憶測されるのが嫌で、そんなにスキでなくても付き合ってしまう人がいます。

これも性格ですね。本当に好きな人と付き合えるまで、辛抱すして待つというのは稀だと思います。

そんな、好きでもない人と付き合って、そう幸せそうなにも思えないと、「モテるけど、なんか幸せそうには見えない。。。」とかと思うと、自分がそうモテなくても気になりません。

こんな場合は、友人がモテて仕方がなくても、卑下しなくて済みます。

しかし、美人と美男の相思相愛となると、結構平気でいられないというのがありますね。

外見ばっちりな相手と一緒の友人

美男美女のカップルは目立ちますね。まあ、しかし、それで上手く行くって保証もないのが現実です。

外見が良いと確かに、幸せそうに一見して見えます。スタイルが良いと、着こなしも簡単です。

カップルの二人が、恰好よくきめていると、公園を歩いていても、スーパーに買い物に行っても、幸せそうに見てて、「お似合いのカップル」などと言われそうです。

どこに行こうが幸せそうに見えます。

しかし、外見だけで釣り合っているカップルとて、そう長く付き合いが上手くいくものでもないですね。

生活するには、相性というのがありますので、気が合わないとお互いの外見だけで、一緒に暮らすのはできなくなります。

いろんな面でバランスがとれていないと、一緒生活はできません。

一見、美人やハンサムな人は、ラッキーを持っているかのようにも思えますが、顔やスタイル以外の要素こそが、ハッピーでいられる要素かなと感じます。

モテるのは、一時的に気持ちがいいですが、それで持続性を作れるものでもないです。友人が付き合い始めたのを見ても、ショックに感じる必要ないと思います。

スポンサーリンク

好きな人にアタックする友人

美人であろうと、ハンサム青年であろうと、妥協はしたくないというタイプもいます。

外見がいいだけで、言い寄られることが多くても、好きでもない人に言い寄られても嬉しくないという、はっきりしている人もいます。

そんなタイプの人は、自分が好きになれる人に「好きです」といって、付き合う人をゲットする場合です。

好きな人に、スキというのは、その辺は美人やハンサムな人が有利です。

美人やハンサムな人に「好き」と言われて、いやな思いをする人も少ないはずでし、言われて、つきあうことになるかもしれません。

そおいう、果敢な態度を取れるのは、性格なので、美人だからとか、ハンサムだからとかいうものでもないですし、潔くあっぱれと思います。

モテる友人を羨ましいと思うのか

実際にモテる人は相手が見つかり安いのはある、これは本当なのでしょうが、長期的にみてそれがいいことなのかどうかは、将来になってみないとわからないのです。

モテる友人の付き合い方は安定しているのか

付き合い方が安定するのを好むかどうかは、年齢や家庭環境、また性格で違います。

20代から嫌いにならなければ、ずっと安定して付き合っていきたいと思う人もいれば、自分は飽きっぽい性格なので、なにかあるとがっかりして、次の人を探さないといけない性格という場合もあります。

どれが、どうというのは言えません。家庭環境が個人に与える性格は大きいですし、飽きっぽいのが、薬を飲んで変わるというものでありません。

自分自身で、もっと落ち着いたカップをめざしたいと思っても、なぜかいつも付き合う相手とは、長く付き合えなくなってしまうと悩んでしまう人もいます。

安定した付き合いの方がいいと思う人なら、そうできる人と巡り会えればいい訳ですが、外見で、そんな理想の人というか、自分にとって理想のバランスを保てる相手と出会えるかは別な話です。

実際に、外見が良いことで、言い寄られることが多いですし、じっくり付き合って、関係を構築するまえに、なにかのいざこざがあり、別れるというのがあります。

いつも頭の中には、「どうせまた次がある」という思いがあるのかもしれません。

しかし、この「次」というのは案外ないものなのですね(^^♪

人はみな「ユニーク」な存在で、世界に一人だけです。

後で、逃がした魚は大きかったと思う後悔がないように、真摯な付き合いをしないと、去られてしまいます。

だた、どうしても自分だけがモテないと感じるのが、辛い時期ってだれでもあると思いますので、それなら自分もモテるようになればいいのです。

どうしたらモテるようになるのか

一般的にハンサムや、美人は最初の出会いは確かにラッキーカードを持っているのでしょう。

では外見がパットしないなら、どうしたらモテるかは、やはり内面の魅力でしょう。

自分の魅力を最大限に引き上げて、自分ももてるようになればいいのです。

モテる人は、話しが面白い人だと思います。

一緒にいて話しが面白くて退屈しないとか、心遣いが細やかで嫌な思いをしないとか、などがポイントとなるかと思います。

異性にだけモテればいいというわけでもなく、噂は飛び交いますので、同姓と一緒にいるときも、同じことを心がけるのがいいですね。

外見についても、飾り立てる必要もないですし、素朴であるのが好きならそれでいいと思います。

要は自分を好きになってくれる人や、同じ価値をもっているような人が、外見に気をつかわない人なら、自分のままでいられます。

派手に見える人と一緒にいて、引け目を感じる必要もないですし、あるがままに自分を出せればいいのですよね。

自分らしくというのが、結局その人の最大の武器だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

モテる人の特徴と、モテる人が案外安定した付き合いができるわけではないことをまとめました。

20代では外見が重視されます。もちろん50代になっても外見が良い方がいいのはありますが、歳をとってくると、外見のポイントが減ってきます。

それよりは、人間の全体のいろいろな魅力で、モテるというのが決まってきます。

自分をモテないと思っているなら、自分自身の魅力を磨くことで、自信を持って生活をしていけば、モテていきます。

気にし過ぎるて、萎縮してしまうのは、自分を開花させる妨げになりますので、おおらかに構えて、自分磨きをしてくのがいいのではないでしょうか。

気後れや、引け目なども、歳をとっていくと少なくなりますし、おおらかに人生を楽しみましょう(^^♪

友人関係や色々な付き合いで、「引け目」を感じる時はやはりあります。 引け目というからには、気軽に前に出られないとか、何かしら対等ではな...
普段はそう聞くこともないですが、たまに「得な性格なのね」などと、褒められているのか、けなされているのかわかりませんが、そういわれることがあり...
合わせて読みたい記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする