足の指をぶつけた!すごく痛いけど骨折か見分ける方法ってあるの?

スポンサーリンク

〚ああ痛い!〛と唸る程、柱の角やタンスに足の指をぶつけた時や、玄関のドアが足の指に当たっ時など、とんでもなく痛くなる事がありますね。

ついうっかりしていて、でもそんな時がたまにやってきます。

痛いだけではなく、腫れてきたり、打撲なのか、それとも骨折をしているのか、ヒビが入ってしまったのか、どうなっているのかが分かりません。

そんな時はこのまま痛みが治まるまで待っていれば良いのか、病院へ行った方が良いのか迷ってしまいますが、応急処置も含めて、私の経験も含めてお話していきまでの、参考にして頂けたらと思います。

スポンサーリンク

症状の見分け方、骨折、ヒビ、打撲のどれ?

まずはそれぞれの症状で、どのタイプかの見分け方です!

骨折しているかの見分け方

骨折しているかの見分け方ですが、これが一番気になるところです。

「骨折の症状?」は骨が分離するかそれに近い状態になった時で、ぶつけた後には激痛が走ります。そして直ぐに腫れあがってきますね。

ズッキンズッキンから始まり、患部からの発熱もあります。1時間もすれば左右比べると1、5倍位には腫れてきます。痛みは最低3時間位は続いてしいますよ。。。。

症状はどう変化していく?➡最初激痛から1時間から3時間まで痛みと腫れが続きます。何もしないで安静にしていると、半日くらいで痛くはなくなりますが、少しでも触っても、動かしても痛いです。最低3日位は腫れが引きません。そして少しづつ腫れが引いていきます。

ヒビが入っているのかの見分け方

「ヒビ」は〚亀裂骨折〛と言って、骨折の一種になりますが、骨の表面に亀裂が入ってしまった状態です。

ヒビも骨折と一緒で、半日しても痛みが続いている場合があります。ずっと痛みが続いていれば、打撲ではないと言えるでしょう。

症状はどう変化していく?➡激痛が走ります。どんどん腫れてきて1時間もすると倍位に腫れあがります。半日くらいで痛みはなくなりますが、少しでも動かすと痛いです。症状は骨折と一緒ですが、ヒビの状況で激痛の度合いも、痛みの長さも違うようです。

打撲の見分け方

「打撲の症状は?」

打撲は打ち身とも言いますが、症状として、痛み、腫れ、青あざなどがあります。足をぶつけて筋肉などが損傷するので、血管が切れて内出血して青あざになりますが、通常病院へ行かなくても自然治癒していきます。

症状はどう変化していく?➡骨折やヒビ程の激痛はないにしても、打った時はとても痛いですね。しかし、ヒビが入ったときのように、痛みが何日もは続きません。暫くすると落ち着いてきます。ただ、腫れは左右くらべて倍とはいかなくても随分と腫れてきます。青あざや内出血は1週間は続いてしまうでしょう。

骨折、ヒビ、打撲それぞれの見分け方や症状の変化をお伝えしましたが、なかなか病院に行けない場合もありますよね。直ぐに治れば良いのですが、打撲でもやはり腫れも引かないでずっと痛い場合もあります。

とりあえず、この次にご紹介する「応急処置」を行っておくのが良いですよ(^^♪

応急処置とは

処置は、打撲でも骨折でもずぐ冷やすのが良いです。ぶつけて痛みがあるようなら、腫れる前に直ぐ冷やすと、血管を収縮できて、腫れや内出血をなるべく少なくできす。

氷の入ったバケツや、湿布、保冷板などが良いですね。タオルをあててから、その上にアイス板を置いてください。

そして、安静にして、患部は動かさない、負担をかけないが一番です

一応のこの応急処置をすることで、最悪の事態は避けられますが、それでも腫れや痛みが治まらない場合は、やはり病院で診断を受ける方が安心ですね。

骨折やヒビの場合の治療

診断を受けて骨折かヒビとわかっても、直ぐ何かの治療をするのではなく、

  • ギブス
  • テーピング

などでしっかり固定して、安静にして骨がくっつくのを待ちます。

ギブスをすることで患部が床に直接触れないようになります。無防備な足は更にぶつけたりしてしまいます。ギブスも強力でしっかりしているタイプだと、歩いてもズレがこないので良いですよ。

骨がくっついてから(通常一か月)してから、やっと整骨院で患部の筋肉や筋などのリハビリを受けられます。

骨折すると直ぐに何かしないといけないと思いますが、

  • ヒビが入ってから、一か月は骨がくっつくのを待って、それからリハビリをする

という事でした。またなるべく安静にするようにと言われました。

日本整形外科学会の「骨折の治癒期間」について引用です。ご参照ください(^^♪

骨の中には生きた細胞があり、骨折しても治る能力を備えています。しかし、条件を整えないと、骨はつきません。また、折れた部位や折れ方によって骨のつきやすさに差があります。一般に、骨折部のズレが小さく、骨折部の動きが少なく、骨折部に元気な細胞が多ければ、骨折はつきやすいです。
この原則は手術する場合もしない場合も当てはまります。

(中略)

治療方法や骨癒合までの期間は、折れ方によって千差万別ですので、ここには書ききれません。

引用先 日本整形外科学会 骨折の治療

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事